NBA

NBA

2018/05/22

ピック&ロールとアイソレーションで得点を重ねるロケッツとキャブズ。ウォリアーズは…。

 NBAでは、さまざまなスタッツが記録されているのだが、その細かさには非常に驚く。    プレーヤー個人の得点やシュート確率などは当たり前で、そのシュートの種類まで細分化してデータが取られている(※5月20日現在/カンファレンスファイナル進出の4チームのみで1~20位まで抽出)。   【ピック&ロール(ボールハンドラー)】 ※平均得点 ②クリス・ポール(ロケッツ)9.7 ④ジェームズ・ハーデン(ロケッツ)9.0 ⑧レブロン・ジェームズ(キャブズ)8.2 ⑲ステフィン・カリー(ウォリアーズ)4.3 ⑳ケビン・デュラント(ウォリアーズ)4.3    これはピック&ロール時に、ボールを持っているプレーヤーが得点した数字。ロケッツのバックコート陣2人が多いことからも、チームスタイルが想像できるだろう。ウォリアーズはピックプレーからの得点が意外と少ないことが分かる。   【アイソレーション】 ①ジェームズ・ハーデン(ロケッツ)11.9 ②レブロン・ジェームズ(キャブズ)9.7 ④ケビン・デュラント(ウォリアーズ)5.8 ⑥クリス・ポール(ロケッツ)4.8 ⑭ジェイソン・テイタム(セルティックス)3.5    ハーデン、レブロン、デュラント…確かにアイソレーションして1対1を行う場面は多く見る。セルティックスは1試合の中でテイタムが平均として最高値のため、アイソレーションでの得点機会が少なくチームオフェンスで点を重ねているのだ。〈続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください