Wリーグ

Wリーグ

2018/03/18

『Thank you』を形にした日立ハイテクの戦い

 初のプレーオフ進出を達成した日立ハイテクが女王JX-ENEOSに挑んだクォーターファイナル。    試合は、「緊張していましたね。いつもと同じプレーをしていたけれど、やっぱり相手の高さと強さにシュートを躊躇したところもあり、ああいった入りになってしまいました」と、藪内夏美ヘッドコーチが振り返るように、出だしで一気にビハインドを追う。その後はコツコツと得点を返していったものの、最後はJX-ENEOSの総合力の前に屈し、47-80で敗れた。(続きを読む  
  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 大神雄子「気持ちを届ける、想いを託す」
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内