Wリーグ

Wリーグ

2018/03/18

『Thank you』を形にした日立ハイテクの戦い

 初のプレーオフ進出を達成した日立ハイテクが女王JX-ENEOSに挑んだクォーターファイナル。    試合は、「緊張していましたね。いつもと同じプレーをしていたけれど、やっぱり相手の高さと強さにシュートを躊躇したところもあり、ああいった入りになってしまいました」と、藪内夏美ヘッドコーチが振り返るように、出だしで一気にビハインドを追う。その後はコツコツと得点を返していったものの、最後はJX-ENEOSの総合力の前に屈し、47-80で敗れた。(続きを読む  

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • 全中2019
  • インターハイ2019
  • 日本大学
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • 川崎ブレイブサンダースが選んだ“足首”を支える新アイテム
  • 開志国際

月刊バスケットボール YouTube