Wリーグ

Wリーグ

2018/03/19

“積極的に攻めることを意識した”3分間--三菱電機#1竹原レイラ

 三菱電機は惜しくも敗れ2017-18シーズンは終了。来る2018-19シーズンは竹原にとって本格的なルーキーイヤーとなる。   「アーリーエントリーなのに使ってもらったことは、来シーズンにつながっていくと思うし、これからの1年間、何を目標にしたらいいかということが感じやすかったです」と、竹原。    さらに、「私は得意な攻めがアジャストされやすい。後はリバウンドでボックスアウトに飛び込まれることが多いので、失点を少なく、でも自分自身はたくさん取れるような選手になりたいです。まだまだ、これからです」と、今後の抱負を力強く語っていた。  

高さと強さを持つ竹原

  (月刊バスケットボール)
  • FL-UX
  • NOBIRUNO
  • マグダビッドx北海道レバンガ
  • かみすバスケットボールフェスタ
  • ザムスト×正智深谷
  • 全中2022
  • インターハイ2022
  • 関東大会2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内