Wリーグ

Wリーグ

2018/03/19

“積極的に攻めることを意識した”3分間--三菱電機#1竹原レイラ

 試合終盤までもつれたクォーターファイナルのトヨタ自動車対三菱電機戦。最後は残り5分から要所でシュートを沈めた#1大神の活躍もあったトヨタが、決定力の高さを見せて78-69で勝利した。    そんな緊迫した試合の中でコートに立ったのがアーリーエントリーの三菱電機#1竹原だ。    竹原は、大阪桐蔭高校を卒業したばかりの18歳。大阪桐蔭では12月のウインターカップ初優勝の原動力となったエースで185cmの高さと強さを持つセンターだ。    その竹原が前半残り4分19秒でコートインすると、得点こそなかったものの、約3分間、ドライブを仕掛けてファウルをもらうなど、攻防において存在感を発揮した。    プレーオフという大一番での起用。これに古賀京子ヘッドコーチは、「(高校までの)経験もありますし、ディフェンスも上手い。それに今後もある選手なので」と、言う。    もちろん、それだけではシーズン終盤の決戦でコートに立つことはできない。そこには、アーリーエントリーをしてからの約1か月間、竹原がチーム内での練習や試合から信頼を得てきたということもあるだろう。    竹原本人はプレーオフでの出場に「それまでも試合に結構出させてもらっていたので、今日も『出る準備をしておこう』『出たらチームの役に立てるように』と思っていました。前は試合に出る度に緊張していたけれど、今日は気持ちをちゃんと作って(出番を)待っていたらそこまで緊張はしませんでした。練習からそうですが、試合では積極的に攻めることを意識していました」と、振り返る。〈続きを読む
  • FL-UX
  • NOBIRUNO
  • マグダビッドx北海道レバンガ
  • かみすバスケットボールフェスタ
  • ザムスト×正智深谷
  • 全中2022
  • インターハイ2022
  • 関東大会2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内