技術&戦術

技術&戦術

2018/03/04

月バスSet Play of the Week(16)シクサーズ

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。    2月28日に行われたイースタン・カンファレンスでプレーオフ出場争いを演じているフィラデルフィア・セブンティシクサーズ対マイアミ・ヒート(@アメリカン・エアラインズ・アリーナ)で、シクサーズが見せたインバウンズプレーからのハーフコートオフェンスを解説。   【ラインナップ】 ①ベン・シモンズ(PG) ②マルコ・ベリネリ(SG) ③ロバート・コビントン(SF) ④ダリオ・シャリッチ(PF) ⑤ジョエル・エンビード(C)   [A-1]  ④がインバウンダー、⑤と②が両エルボー、③が左の2ガードトップ、①が右ウイング辺りにエントリー。③がペイントに向かってカットし、①がトップでボールレシーブする。④は左コーナーへ(“ホーン”の形)。   [A-2]  ④が反対サイドへクリアし、②は⑤のスクリーンを使って左ウイングにカット。①からボールをレシーブする。チャンスがあれば、②は3Pシュート、もしくはベースラインドライブすることも可能だ。〈続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください