女子日本代表

女子日本代表

2018/02/27

渡嘉敷来夢の“今の想い” Vol.1

  ――意地悪な聞き方をすれば、スタッフも変わり、今年はシアトルでも試合に出られるチャンスはあったかもしれません。    今回の判断には、(2年後の)東京オリンピックというのもあるんですよね。女子日本代表ヘッドコーチが昨年からトム(ホーバス)になりましたが、そのトムのチームに私も加わって戦いたい。そして自分たちの力がどんなものなのかを女子ワールドカップで知りたい。今のレベルを知っておかないと『東京オリンピックでメダルを獲る』とか言っていられないですから。    まずは今年の女子ワールドカップでのメダル獲得を目指すこと、そしてその大会を通じて見える課題や今の自分に何が通用するのかということも知りたいし、感じたい。それに言ってしまえば、シアトルの新ヘッドコーチよりもトムとの方が付き合いも長い。JX-ENEOSに入ってからずっと教えてもらっていて、こうしてアメリカでプレーできるまでに育ててくれたのも、トムのお陰だと思っています。   ――渡嘉敷選手は、これまでも選択を迫られたときは自らが成長する、前進する方を選んでいます。    そうですね。その中で今の私があるのはトムがいたから。でもまだ自分自身には満足していなくて、さらに成長するにはトムの力が必要だと思っています。だからこそ、今年は『トムの下で一緒に』という思いが強かったですね。  

WNBAデビューは2015年

  ※Vol.2は、9月に控える女子ワールドカップへの意気込み、そして2020年の東京オリンピックに向けての想いを掲載します。   (月刊バスケットボール編集部)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください