月バスTOPICS

月バスTOPICS

2017/12/06

JBAエリートコーチ教育プロジェクト 受講生募集

JBA(日本バスケットボール協会)では、将来の日本代表コーチになり得る人材や国際トップレベルに通じるコーチの発掘・育成を目的として、エリートコーチ教育プロジェクトを立ち上げ、実施することになった。実施概要は下記のとおり。 受講希望者は、実施要項にある応募条件および選考方法などを十分に確認し、応募用紙に必要事項をご記入の上、2018年1月19日(金)までに応募。受講生は書類選考および面談によって選考され、決定する。 また、選考された場合にはエリートコーチ教育プロジェクトの全日程に参加し、費用負担が必要となる。 ■エリートコーチ教育プロジェクト 実施概要 【目的】 ・将来の代表コーチになり得る人材の発掘・育成 ・国際トップレベルのコーチを育成 ・国際レベルに対応するための教育機会の提供 【対象】 ・将来の代表コーチになり得る可能性のある人材・ビジョンおよび実力を持つ人材 ・5~10名程度(予定) 【方法】 国内コース:S級ライセンス講習会での特別聴講 海外コース:FIBA、FIBA Euroのコーチ教育への参加、他国代表活動の視察 国内活動:育成キャンプにおける参加・実習 海外活動:海外トップクラブにおける研修 試験:FIBA認定試験官による試験 【日程】 [A]海外コース:FIBA Euroコーチクリニック参加(5日間)2018年7月予定 [B]国内コース:S級ライセンス講習会(約2週間)2018年7月予定 [C]国内活動:育成/代表活動参加・実習(2泊3日×4回)2018年6~12月 [D]海外活動:海外トップクラブにおける研修(1週間)2019年夏予定 [E]最終試験:FIBA認定試験官による試験(予定) 【選考】 (1)応募条件 ①JBA公認B級ライセンス以上を保持する者 ②年齢:原則、40歳以下 ③経験を持つ者(下記のいずれかに該当する者) ・Bリーグ/Wリーグコーチ経験(ユース含む)のある者 ・各カテゴリー日本代表活動指導経験(ヘッドコーチ/アシスタントコーチ)のある者 ・その他、顕著な経験を持つ者(全国大会成績・トップリーグでのコーチ経験など) ④語学ができる者 ・英語での口頭試験、プレゼンテーションができる者 ・海外クリニックに参加し、コミュニケーションが取れる者 ⑤情熱・向学心の高い者 ⑥時間が確保できる者 ・カリキュラムに全て参加することができる者 ⑦時間・経済的に自己投資することができる者 (2)選考方法 ①公募・および推薦(2017年12月~2018年1月中旬受付) ②書類選考(2017年12月~2018年1月) ③面談(2018年1月~3月実施予定) ④結果通知(3月末までに結果通知) (3)選考 ①技術委員会・エリートコーチプロジェクトにて選考 【費用】 ①35~50万円(予定) 国内宿泊費、海外渡航費(空港までの移動費別途)、海外宿泊費を含む ※国内移動費は各自負担 【申込方法】 JBA公式サイトより「JBAエリートコーチ教育プロジェクト 応募用紙」をダウンロードし、必要事項を記入の上、2018年1月19日(金)までにメールにて申し込むこと。 ●応募メールアドレス: elitecoach@basketball.or.jp ●応募締切: 2018年1月19日(金) *詳細はJBAホームページへ(http://www.japanbasketball.jp/coach-news/41097) (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください