中学生&ジュニア

中学生&ジュニア

2018/01/06

【全国ジュニアバスケットボール選手権】Pick Up Player(1月6日)

★野尻愛架 (ガウチョーズバスケットボールアカデミー#5/165㎝/埼玉栄中)   ◎得点源とPGの両方をこなす オールラウンドプレーヤー    昨年に引き続き、連覇を狙うガウチョーズ。野尻は165㎝ながらPGをこなすオールラウンダー。柔らかいシュートタッチと広いコートビジョンが持ち味だ。ゲームで#8高橋(こ)がガードでスタートしたときは、チームの得点源としてアウトサイド、インサイド問わずにシュートを決めてくる。また、「全体的にサイズアップしたい場合はPGで起用」(目コーチ)されることもあるプレーヤーで、野尻が当然チーム浮沈のカギを握ることは間違いない。   「予選リーグ2試合を戦って、今日は個人的には良くありませんでしたが、チームとしては全員が“つながって”ディフェンスできたことは良かったと思います。  ディフェンスされても最後までシュートを決め切って、チームの流れを変えられるようなプレーがしたいです。ディフェンスに寄られても何人も抜いてシュートを決めるのは気持ち良いです。全国ではアウトサイドのシュートが大事になってくるので、3Pシュートはかなり練習してきました。  2試合の中で少しだけPGをやる時間帯はありましたが、コート全体を見ようと心掛けています。PGとしてもしっかりプレーしていきたいと思っています。  目標とするプレーヤーは、吉田亜沙美選手(JX-ENEOS)です。ビデオを見るなどして、プレーをまねして練習していますが、試合ではなかなか…。  優勝というのは大きい目標ですが、今までの厳しい練習を乗り越えてきたので、優勝して『やってきて良かったな』と思えるように、しっかりプレーしていきたいと思います」    と、試合後の野尻。  決勝トーナメントでの活躍にも期待したい。     (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • インターハイ2019
  • 日本大学
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • 川崎ブレイブサンダースが選んだ“足首”を支える新アイテム
  • 開志国際

月刊バスケットボール YouTube