NBA

NBA

2017/12/01

シュート力のあるビッグマンが得点ランキングの上位に

 11月30日現在、NBAの個人得点ランキングは以下のとおり。昨シーズンと同様、ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)やステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)など、得点力の高いガード陣が入っている。    中でも目を引くのは、ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)やクリスタプス・ポルジンギス(ニューヨーク・ニックス)、アンソニー・デイビス&デマーカス・カズンズ(ニューオリンズ・ペリカンズ)など、210㎝を超えるビッグマンたち。ペイント内のパワープレーだけでなく、3Pシュートも得意とするプレーヤーが多いことだ。   “スモールボール”が流行しているNBAで、ビッグマンもガード並みのシュート力がなければ生き残れないことを表している。    ちなみに、昨シーズン1位だったラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー)は、カーメロ・アンソニーやポール・ジョージらが加入したことによって得点が分散し、21.6得点(19位)に留まっている。   【個人1試合平均得点ベスト10】 ①ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ) 31.7 ②ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス) 29.7 ③レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ) 28.2 ④クリスタプス・ポルジンギス(ニューヨーク・ニックス) 27.0 ⑤ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ) 26.0 ⑥アンソニー・デイビス(ニューオーリンズ・ペリカンズ) 26.0 ⑦デイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ) 25.7 ⑧デマーカス・カズンズ(ニューオーリンズ・ペリカンズ) 25.5 ⑨ケビン・デュラント(ゴールデンステイト・ウォリアーズ) 24.7 ⑩ブレイク・グリフィン(ロサンゼルス・クリッパーズ) 23.6   (月刊バスケットボール)
  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • TOKYO2020 トーステン・ロイブルコーチ インタビュー
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内