技術&戦術

技術&戦術

2018/01/07

月バスSet Play of the Week(7)スパーズ

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。    1月3日(日本時間4日)に、行われたサンアントニオ・スパーズ対ニューヨーク・ニックス戦(@マジソン・スクエア・ガーデン)で見せたスパーズのコーナーインバウンズプレーを解説しよう。    NBAではコーナーから約1mのベースラインとサイドラインからのインバウンズでは、“コーナー専用”のプレーを必ず持っている。コーナーの場合、通常のインバウンズとはアングルが異なるため、サイドラインとベースラインインバウンズはほぼ使えないからだ。   【ラインナップ】 ①トニー・パーカー(PG) ②マヌ・ジノビリ(SG) ③カワイ・レナード(SF) ④ラマーカス・オルドリッジ(PF) ⑤パウ・ガソル(C)   [A-1]  コーナーからライン状(一直線上)に、インバウンダーの①から⑤・④・②・③が並ぶ形でスタート。  ②はフェイクした後、リング方向へカット。③は⑤と④をスクリーンのように使ってウイングへ飛び出し、ボールをレシーブする。   [A-2]  ①・②・④・⑤はアウトサイドへ広がり、③が1対1(アイソレーション)できるスペースを作る。非常にシンプルだが、スパーズはパウ・ガソルやラマーカス・オルドリッジらのビッグマンが3Pシュートを難なく放つことができる強みを生かしたプレーだ。復帰して日が浅いカワイ・レナードは、1対1の感覚を試している様子だった。 (※用語は本誌参照)    月刊バスケットボール2月号の“NBAセットプレー図鑑”では、ウエスタンカンファレンスで首位争いを演じているミネソタ・ティンバーウルブズのプレーを紹介。自分たちのチームにマッチしそうなセットを見付けて、すぐに練習してみよう!   (月刊バスケットボール)
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3日本代表、激闘の軌跡
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内