技術&戦術

技術&戦術

2017/11/26

月バスSet Play of the Week(1)ウォリアーズ

 今週の対戦カードから、セットプレーを紹介していくコーナー。    まずは、11月19日(日本時間20日)に、行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ対ブルックリン・ネッツ戦(@バークレイズ・センター)でウォリアーズが見せたベースラインインバウンズプレーを解説しよう。   【ラインナップ】 ①ショーン・リビングストン(PG) ②パトリック・マコー(SG) ③クレイ・トンプソン(SF) ④アンドレ・イグドラ(PF) ⑤ドレイモンド・グリーン(C)   [A-1]  ④が左エルボー、⑤がフリースローライン中央、②と③が右エルボーを挟むようライン状に並ぶ。  ③のバックスクリーンで②がカットし、①からのパスが入らなかったら、④がすぐにポップアウトしてボールをレシーブ。   [A-2]  ④がボールをレシーブした瞬間に、⑤がダウンスクリーンをセットし、③がそれを使ってトップ方向へカット。④からのパスをレシーブしてシュート。  ペリメーターからのジャンプシュートが得意なプレーヤーがいるチームにオススメのプレー。プレーヤーの特徴に合わせて、並び方を変えてもOKだ。 (※用語は本誌参照)      月刊バスケットボール1月号の“NBAセットプレー図鑑”では、ウエスタンカンファレンスで首位争いを演じているヒューストン・ロケッツのプレーを紹介。自分たちのチームに合いそうなら、すぐに練習してみよう!   (月刊バスケットボール)
  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 大神雄子「気持ちを届ける、想いを託す」
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内