Bリーグ

Bリーグ

2017/11/18

連勝中のSR渋谷を支える頼もしい6thマン

 11月18日の試合で島根に72‐62で勝利し、6連勝を達成したSR渋谷。 チームはキャプテンの#7伊藤、#23ドーソンに加え、この試合は#24広瀬も欠場。 それでもインサイドの#6サクレ、#22長谷川が好調で、ここまで勝利を重ねている要因の一つだ。    そしてもう一つ、連勝を支えているのが#9ベンドラメである。      伊藤欠場後、ガードのスタメンは#32山内が務めているが、ベンドラメはほぼ毎試合20分を超えるプレータイムを獲得。さらにスタメン出場はここまで2試合と、完全にシックススマンとして起用され、チーム事情もあって2番でも時間帯が多い。 本人もその起用法を理解しており、「流れを変えたり、チームの勢いを殺さない仕事があるし、コートに立っている時間も長いし、ジェフさん(勝久ヘッドコーチ)に勉強させてもらっていると思い感謝しています」と話す。    この試合でも控えから出場すると、持ち前の積極性でチームの流れをさらに加速させる。「ミスが多かった」と3つのターンオーバーは犯したが、終わってみれば10得点、5リバウンド、3スティールと攻防で活躍を見せた。 特に4Qの残り7分4秒で、速攻から3Pシュートを沈めたシーン。これは島根が追い上げていた時間帯での大きな一本で、島根の鈴木ヘッドコーチもこのシュートには舌をまいた。    当の本人はこのシュートを、「あの場面はボールをもらう前からノーマークになる感じがしていたので、『これは決めないといけない』と思っていました」と振り返る。そして「ノーマークになったらシュートを打たなければいけないし、決めなければいけないと思って試合に臨んでいます」という発言を考えれば、いつもどおりのシュートだったのだ。  ディフェンスに関しても、「僕はオフボールのスティールを狙うタイプなので、それはガードがプレッシャーをかけてくれれば、浮いたり簡単なパスになると思います」と、チームメイトへの感謝も述べたベンドラメ。 コート上で見せるアグレッシブなプレーとは裏腹に謙虚な性格の持ち主で、人懐っこい。これがチームメイトからもファンからも好かれる理由である。    こうした姿勢こそ、2年目ながら数字以上の活躍を見せるベンドラメのすごさだ。頼れる若きシックススマンが、ハイレベルの東地区でチームを上位に押し上げる。     ※今月25日発売の「月刊バスケットボール1月号」には伊藤駿選手とベンドラメ礼生選手の対談を掲載!   (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください