月バスTOPICS

月バスTOPICS

2017/11/15

田渡 凌がチャンピオンとアドバイザリー契約締結

       月刊バスケットボールでは、12月号(10/25発売)で2008年の全中決勝戦を戦った『富樫勇樹×田渡 凌』対談を掲載しているが、本日11月15日、その田渡がチャンピオンとアドバイザリー契約を結んだことが発表された。    チャンピオンはバスケットボールの母国アメリカで一世紀近くに渡ってアスリートウェアを作り続けてきたブランド。一方の田渡は、高校卒業後に渡米。アメリカの大学でバスケットを磨き、最終年にはキャプテンを務めるまでに。また、母校の京北高校がチャンピオンウェアの着用チームだったという縁もある。    そのチャンピオンは、B1リーグに所属する渋谷サンロッカーズとも契約し、キービジュアルに伊藤 駿などを起用している。    ちなみにチャンピオンの2018年春夏コレクションでオススメなのが、汗のベタつきを軽減する『ヘキサPP』等の機能を搭載したジップアップパーカー&ドライパンツ。他に、透明のシューズケースなども要チェックだ!     (月刊バスケットボール)
  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 大神雄子「気持ちを届ける、想いを託す」
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内