技術&戦術

技術&戦術

2017/12/24

月バスSet Play of the Week(5)コービ・ブライアント

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。    今週は引退したコービ・ブライアントの背番号「8」「24」が永久欠番になったことに敬意を表し、コービが決めたクラッチシュートの中からサイドラインインバウンズを解説しよう。    デトロイト・ピストンズとのNBAファイナル2004第2戦、86-89でレイカーズ3点ビハインドの4Q残り10.9秒からのシーンだ。   【ラインナップ】 ①デレク・フィッシャー(PG) ②コービ・ブライアント(SG) ③ルーク・ウォルトン(SF) ④カール・マローン(PF) ⑤シャキール・オニール(C)   [A-1]  ④がインバウンダーで、③と⑤がハイポスト、②(コービ)は右のローポスト、①はセンターサークルでスペースを広く取っているところからスタート。  ⑤がポップアウトとしてインバウンズをレシーブ。③は①にフレアスクリーンをセット後、⑤からボールをレシーブする。①は左ウイング、④は右ローポスト辺りへカット。   [A-2]  ④は左サイドへクリアアウトし、⑤はパスした後、すぐにダウンスクリーン。ボールマンの③は右方向へドリブルし、スクリーンを使って上がってくる②(コービ)へドリブルハンドオフ。②はそのまま1対1をして残り2.1秒で3Pシュートをねじ込み、オーバータイムへと突入。レイカーズは勝利し、シリーズを1勝1敗にした。 (※用語は本誌参照)    月刊バスケットボール2月号(12月25日発売)の“NBAセットプレー図鑑”では、レベルの高いウエスタンカンファレンスで4位と奮闘しているミネソタ・ディンバーウルブズのプレーを紹介。自分たちのチームにマッチしそうなセットを見付けて、すぐに練習してみよう!   (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事