技術&戦術

技術&戦術

2021/08/06

【インタビュー】池内 泰明氏(拓殖大男子監督)が語る 「“ちょっとしたことで変わる”シュートの微調整」とは?①

 現役時代はシューターとして日本のトップに君臨し、また指導者としてこれまで数々のシューター育てた池内氏。「シュートを教わってくる選手が少ない」と、自らYouTubeでは「シュート専門チャンネル(池内泰明シューティング・ラボ)」も発信するなど、シュートに大きなこだわりを持ち、細部にわたって指導する。自分では気付くことができない僅かな修正でシュートは激変するという。コーチだけでなく、選手にも知ってほしいこと、練習方法などを聞いてみた。

 

選手に適したシュートの微調整を加える池内氏

 

池内泰明氏インタビュー①
【8割程度の力がベストで、余計な力はシュートの妨げになることが多い】

 

――関東大学トーナメントで益子選手(拓己/3年)が3P王になりましたね?
「あまり余計なことをせず、プレーがすっきりしていましたね。シュートももちろんそうですが、ディフェンスも非常に頑張っていました。自分のリズムがつかめたのではないでしょうか」

 

――益子選手はとても多くのシュート練習をすると聞きましたが。
「誰よりも一番練習していますね。それが一番大きいと思っています。ほかの練習もそうですが、やらされる練習ではなく、高いモチベーションで自分から練習することが大切なのです。シュートの修正方法もそれなりにつかんでいるはずです」

 

――もともとシュートタッチは良い選手だったと思いますが、池内さんはどの辺りを修正していったのでしょうか?
「一度、本人と話したことがあります。『練習では入るよね? でも試合になるとシュートできなかったり、確率が上がってこなかったりする。それはなぜなんだろう?』と。練習のための練習になっている可能性がありました。試合でどうやってシュートするのかを5対5の練習の中で覚える必要があったのです。あとは試合経験ですね」

 

★益子拓己(拓殖大)の3Pシュート集(池内泰明シューティング・ラボ)

 

――真面目な性格の選手ほど、「入れないと!」と体に力が入ることも多いですか?
「いかに8割程度の力でシュートできるか、ということに尽きますね。余計な力はシュートの妨げになることが多いからです」

 

――話は変わりますが、オリンピックの試合でもシュートが上手な選手しかいませんが、ご覧になっていかがですか?
「本当に上手ですよね!(笑) 上位のチームであれば、3Pシュートを5割程度決めています。シュートが入れば、プレーに余裕が生まれてきます。シュートフェイクをしたり、ワンドリブルで横にずれたりするなど、周りの状況も良く見えてるのではないでしょうか。シュート、シュートと決めつけていると、次のことなど頭にないと思います」

 

――ご自身のYouTubeチャンネルでもお話されていますが、結局シュートが入らないことには何も始まらないということですね。
「オリンピックを見ていても、シュート時に体の軸もしっかりしていますし、体幹も強いと思います。やはり、シュートというものはバスケットボールという競技の中でも特に大切なスキルなのです。シュートが入らなければ、何も始まりません(笑)」

 

――それに、オリンピックでは力んでシュートする選手はいません(笑)。
「力が抜けていて、さほどジャンプしていません。若干、伸び上がる程度で軽くシュートしています。
 シュートが入るか入らないかは、準備だと思っています。ボールが飛んで来たときに準備ができているかどうか…早く良いポジションへ移動して待つことが重要になってくると思います。例えば、カットした選手がペイント内に長い時間留まっていたり、ダウンスクリーン後にその場にいたりすることが多いです。すぐにコーナーへリロケイトすれば、またチャンスがあるかもしれません」
※②へ続く

 

※詳しくは「月バス オンライン コーチセミナー」へ。お申し込みは下記『月刊バスケットボール アカデミー オンライン コーチセミナー』特設ページへ。

https://select-type.com/s/gekkan-bb_ols

《受付を終了いたしました》

 

(月刊バスケットボール)

  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3日本代表、激闘の軌跡
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内