技術&戦術

技術&戦術

2021/05/23

【インタビュー】棟方 公寿氏(元羽田ヴィッキーズヘッドコーチ)が語る 「ピック&ロール(ボールマン)が飛躍的に上達する方法」とは?②

【スペシャルインタビュー②】

 

 ピック&ロールを武器に39歳までトヨタ自動車(現アルバルク東京)などのトップリーグでプレーした棟方公寿氏(元トヨタ自動車、元羽田ヴィッキーズヘッドコーチ)。ピック&ロールはカテゴリーや性別を問わず行われている2メンゲームだが、本来の目的やしっかりとしたスキルを持たないままプレーしている場合が多く見られる。そこで、棟方氏にピック&ロールが上達するためのポイント(ボールマン限定)などを聞いてみた。

 

「シュートを決めなければ、ほかのことは何も生きない」と、棟方氏は言う

 

*棟方公寿氏インタビュー②

【ピック&ロールにドリブルのスキルはあまり必要ない。スクリーンで抜いていくことが大切】

――とにかく『自分のシュートを狙う』という意識が重要なのですね?

「自分がシュートを狙いにいくことで、スクリーンもしっかり使えるようになるのではないかと思っています。スクリナーも同じです。すぐにスリップしたり、ダイブしたり…ボールマンが得点することがピック&ロールの大前提なのです。  それを繰り返し繰り返し練習し、シュートが入るようになってから次のステップへと進んでいく必要があるのです」

 

――確かにディフェンスにとって、フリースローライン近辺でシュートを次々に決められることは、嫌なプレーです。

「一番嫌なプレーだと思いますね。ディフェンスに出れば抜かれますし、出なければシュートを決められてしまうのですから。ディフェンス側のコーチの立場で考えれば、そのようなプレーが嫌だからヘッジしたり、さまざまなことを仕掛けたり…それがないボールマンにディフェンスはリスクを負う必要はないのです。  シュートを狙わなかったり、確率が低かったりすれば、ボールマンのディフェンスもアンダーで十分です。だから、シュートすること、入れることです。それが恐いからこそ、ディフェンスは次なる手を考えてくるようになると思います」

 

――例えば、Bリーグの富樫勇樹(千葉ジェッツ)選手はピック&ロールが上手だと思いますか?

「とても上手だと思います。富樫選手はシュートに行ってますし、隙があればリングにもアタックします。そして、ディフェンスのヘルプが来ればパスを捌きます。これは富樫選手が自分で生きようと、得点しようと思っているからこそのプレーだと感じています」

 

――ここまでの話から考えて、ピック&ロールを成功させるにはドリブルのテクニックではなく、シュート力ということでしょうか?

「そこにはドリブルのスキルは特に必要ありません。自分のディフェンスとまずは1対1をするのですが、そこはドリブルで抜いていくのではなく、スクリーンで抜いていくのです。だからこそ、シュートを決めなければほかのことは何も生きないと思っています」

 

――そこから次のステップに入っていくのですね?

「自分のディフェンスをやっつけたら、次はどのディフェンスとの勝負(1対1)になるのか。スクリナーのディフェンスがどのようなことをしてきているのかを予測することも重要になってきます。予測をしていれば驚くこともなく、ターンオーバーすることも防ぐことができるのです。ここでも急ぐことなくプレーすることが大切になります」

※③へ続く

 

『棟方 公寿氏がピック&ロールが飛躍的に上達する方法などを伝授!』

 

指導現場の生の声を配信!

 

 さまざまなカテゴリーのコーチたちが練習やチーム作りのポイントなどを解説。オンラインならではのメリットを生かしたコーチセミナー。直接、コーチたちに話を聞くことができる絶好のチャンス!!(※時間の都合により、無作為に抽出した質問のみ回答)

 

 第10回は棟方 公寿氏(元トヨタ自動車、元羽田ヴィッキーズヘッドコーチ)が登場! 5月30日(日)20:00~ZOOMミーティングによるオンラインセミナーを開催する。テーマは「ピック&ロールが飛躍的に上達する方法」などについて。

 

 ピック&ロールを取り入れたシューティングドリルなども紹介!

 

『45分/¥1,000』の特別価格でご提供!

 

 今後もプロからミニバスまで、性別問わず幅広いカテゴリーのコーチが登場予定。

 

※お申し込みは下記『月刊バスケットボール アカデミー オンライン コーチセミナー』特設ページへ。

https://select-type.com/s/gekkan-bb_ols

《受付を終了いたしました》

 

(月刊バスケットボール)

  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3日本代表、激闘の軌跡
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内