技術&戦術

技術&戦術

2021/04/28

【インタビュー】小宮 邦夫氏(D-EQUIPOコーチ)が語るプロになって再認識した基本の大切さ。U15/U12でも分かる「スペーシング」とは?④

【スペシャルインタビュー④】

 

 高校からトップリーグまでエリート街道まっしぐらだった小宮氏。しかし、アイシン(現Bリーグ三河)に移籍した際、細かなバスケットボールのスキルを要求されるようになり、『非常に大変だったですし、時間もかかりました』(小宮氏)というほど、ファンダメンタルの重要性を再認識。それが今日のアンダーカテゴリー指導のベースにあるという。できるだけ早い時期から教えたいことに“スペーシングの理解”を挙げる小宮氏に、スペーシングとは何かを聞いた。

 

「最初は狭いエリア、少ない人数でスペーシングに取り組む方が良い」(小宮氏)

 

【プレーヤーには難しい理論ではなく、遊び感覚で身に付けてもらいたい】

※③の続き

 

――『プレーヤーとボールが良く動いている=良いオフェンス』とよく言われますが。

「そうですね。それを難しい理論で教えるのではなく、練習している中で覚えていく…それが遊びながら感覚を身に付けていってもらいだいですね。だからこそ、メニューはしっかりと考えなければなりませんし、学びに行かなければならないと思っています。

 ただ、同じことを繰り返していても飽きてしまいます。Aという練習、Bという練習、Cという練習…メニューは違っても狙いは同じというような練習を編み出していかないとなりません」

 

――それをどのようにしてゲームにつなげていくかというのも難しいですね。

「ゲームでは同じ形で得点するシチュエーションはありません。ディフェンスも違いますからね。だからこそ、瞬間、瞬間の状況を判断して臨機応変にオフェンスを変えていく必要があるのです。そうなると、プレーヤーは動かなければなりませんし、止まらないといけません。そしてボールも動かなければならなくなるということが必然になってきます」

 

――6年間、小宮コーチが大切にしてきたさまざまなことがあると思いますが、想像をはるかに超えるようなプレーというのは起きたことがありますか?

「起きますね! ただ、それができるのであれば次のステップへ進みますし、もっとこういうこともできるのではないか、という期待へとすぐに変わっていきます。もちろん、こちらからもリクエストは出します。そして、個人個人で違う発想というのは個性だと思うので、大いに認めるべきことではないかなと思っています。それはカテゴリーを進んでいけば、さらなる発想が出てくるものなので、こちらとしては楽しみでしかないですね」

 

――それでは最後に。なぜ、多くのチームやコーチはスペーシングというものに取り組んだり、こだわったりすることが少ないのだと思いますか?

「『難しい』というイメージがあるからではないでしょうか。どこをどのように説明すればいいのか、どこからどのようにして取り組んでいけばいいのか…はっきりとしたものがないからかもしれません」

 

――その部分を詳しく教えていただけるということですね!

「そういうことになりますね(笑)」

※終わり

 

『小宮邦夫氏がスペーシングの考え方やスペーシングの練習などを伝授!』

 

指導現場の生の声を配信!

 

 さまざまなカテゴリーのコーチたちが練習やチーム作りのポイントなどを解説。オンラインならではのメリットを生かしたコーチセミナー。直接、コーチたちに話を聞くことができる絶好のチャンス!!(※時間の都合により、無作為に抽出した質問のみ回答)

 

 第9回は小宮 邦夫氏(D-EQUIPOコーチ/元アイシンシーホース)が登場! 4月29日(木・祝)20:00~ZOOMミーティングによるオンラインセミナーを開催する。テーマは「スペーシングの考え方」や「スペーシングの練習」などについて。

 

 遊び感覚で身に付けられる練習やゲームライクなシューティングドリルなども紹介!

 

『45分/¥1,000』の特別価格でご提供!

 

 今後もプロからミニバスまで、性別問わず幅広いカテゴリーのコーチが登場予定。

 

※お申し込みは下記『月刊バスケットボール アカデミー オンライン コーチセミナー』特設ページへ。

https://select-type.com/s/gekkan-bb_ols

《受付を終了いたしました》

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください