技術&戦術

技術&戦術

2021/04/25

【インタビュー】小宮 邦夫氏(D-EQUIPOコーチ)が語るプロになって再認識した基本の大切さ。U15/U12でも分かる「スペーシング」とは?②

【スペシャルインタビュー②】

 

 高校からトップリーグまでエリート街道まっしぐらだった小宮氏。しかし、アイシン(現Bリーグ三河)に移籍した際、細かなバスケットボールのスキルを要求されるようになり、『非常に大変だったですし、時間もかかりました』(小宮氏)というほど、ファンダメンタルの重要性を再認識。それが今日のアンダーカテゴリー指導のベースにあるという。できるだけ早い時期から教えたいことに“スペーシングの理解”を挙げる小宮氏に、スペーシングとは何かを聞いた。

 

「身体能力が多少劣っていても勝負できることがある」と、小宮氏は言う

 

【アンダーカテゴリーのプレーヤーたちの方が圧倒的に速いスピードで身に付いていく】

※①の続き

 

――U15や中学では、サイズがあったり、体が大きかったり、スピードが速いだけで勝負している場合が多いですよね?

「そうですね。はっきり言えば、その世代では身体能力の高いプレーヤーが勝つのです。でも、それは今だけの話であって、年齢とともにより身体能力の高いプレーヤーが集まってきたとき、戦うことができなければなりません。そうなったときのために、今身に付けておくべきことがあると思っています」

 

――具体的に、今(U15やU12世代)身に付けておくべきことは何でしょうか?

「たとえ身体能力が劣っていても活躍できているプレーヤーはたくさんいます。彼らはスペーシングやタイミングなどをよく知っていて、バスケットボールを上から見ている(俯瞰している)ような感覚でプレーできているのです。その部分を重要視して、今のクラブチームには落とし込んでいます。  すぐにできるようにならなくても、そのイメージを持つか持たないかでプレーは大きく変わるはずです。我々はそのきっかけ作りをしているという感じです」

 

――身体能力だけでプレーしていると、いずれ限界が来ると…。

「その限界に気付いてから、やり始めるのでは遅いのです。その部分は自分の経験からもはっきりと言うことができますね。年齢が進むほど、身に付けるための時間も長くなりますから。何年かかりましたか? という話です」

 

――だからこそ、スペーシングなどをU15やU12からイメージを持たせたいということですね。

「最初は遊び感覚から練習に取り入れているのですが、U15やU12のプレーヤーを見ていてすごいと思うのは、中3になる頃には素晴らしいゲームになっているのです。『そんな所まで見ていたのか!』『そのスペースを見付けられるのか!』。やはり、アンダーカテゴリーのプレーヤーたちの方が圧倒的に速いスピードで身に付いていくことを実感しています。

 ヨーロッパなどでは早い時期から取り組んでいるようです。身体能力ではどうしてもアメリカよりも劣ってしまう部分をいかにして補い、超えていくのか…これは我々の日本でも直面することだと思っていますので」

 

――小宮コーチの教えるチームは、大きいプレーヤーや上手なプレーヤーなどを集めて勝っていこうというチームではありませんが、仮にそういうプレーヤーが以前から多く集まっていたとしても指導のコンセプトは変わらなかったと思いますか?

「現役時代からアンダーカテゴリーへの指導、育成をイメージしていたので、根本的な発想が違うのだと思います。だから、どのようなプレーヤーがいてもコンセプトは変わりません。190センチオーバーのプレーヤーが来ても同じ練習をやるでしょうし、リングに背を向けたプレーなどもさせませんね」

※③へ続く

 

『小宮邦夫氏がスペーシングの考え方やスペーシングの練習などを伝授!』

 

指導現場の生の声を配信!

 

 さまざまなカテゴリーのコーチたちが練習やチーム作りのポイントなどを解説。オンラインならではのメリットを生かしたコーチセミナー。直接、コーチたちに話を聞くことができる絶好のチャンス!!(※時間の都合により、無作為に抽出した質問のみ回答)

 

 第9回は小宮 邦夫氏(D-EQUIPOコーチ/元アイシンシーホース)が登場! 4月29日(木・祝)20:00~ZOOMミーティングによるオンラインセミナーを開催する。テーマは「スペーシングの考え方」や「スペーシングの練習」などについて。

 

 遊び感覚で身に付けられる練習やゲームライクなシューティングドリルなども紹介!

 

『45分/¥1,000』の特別価格でご提供!

 

 今後もプロからミニバスまで、性別問わず幅広いカテゴリーのコーチが登場予定。

 

※お申し込みは下記『月刊バスケットボール アカデミー オンライン コーチセミナー』特設ページへ。

https://select-type.com/s/gekkan-bb_ols

 

《受付を終了いたしました》

(月刊バスケットボール)


  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3女子日本代表インタビュー「気持ちを届ける、想いを託す」
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内