技術&戦術

技術&戦術

2021/02/26

藤田 将弘氏(日体大男子監督)が語る 「オフェンスの考え方とオフェンスの組み立て方」とは?④

【スペシャルインタビュー④】

 

 オフェンスと言っても、5人の選手が思うまま勝手に動いていても、確率の高いシュートは決めることはできない。バスケットボールのオフェンスをどのように考え、それを組み立てていくのかを整理していかないと、コーチも選手も頭を抱えるだけ。それでは一体、どのようなプロセスやルールでオフェンスを5人が実行していくのか…藤田氏に、オフェンス考え方や組み立て方、そして簡単なルールを用いたオフェンスなどについて聞いてみた。

 

藤田氏は「ボールをリングに入れるための共通理解が必要」と語る

 

【先を急いで、安易にボールに近付いたプレーをしない方がプレーの選択肢が広がる】

 

※③の続き

――少し細かい話になってきますが、4アウト1インでプレーヤーの2ギャップについて、少し教えてください。

「プレーヤーがリングに正対した状況で、パスをする所も2か所以上ありますし、自分のプレーを選択する上でも2つ(左右)の道があるということです」

 

――あとは冒頭に出てきた(※インタビュー①~③参照)プレーヤーの特徴によって、組み立ててていくということですか? ドライブが得意なのか、アウトサイドシュートやインサイドのパワープレーが得意なのか。

「そうですね。その組み立ては多種多様であらゆるパターンがあると思います。プレーヤーの特徴を理解して、スクリーンのセットを考えることが必要になってきますね。“フレックス”という形で継続性のあるオフェンスということだけでなく、ボールをリングに入れるための共通理解ということです。

 また、バスケットボールを学ぶ上でも非常に良いのがモーションオフェンスの“フレックス”だと考えています」

 

――モーションオフェンスでは、ドリブルの使い方には注意したいところですよね。やはり、ドリブルを無意味に使うことは避けたいですか?

「第一に、ドリブルよりもパスの方が速いということはあります。ただし、攻撃という部分でドリブルを使うことは出てきます。もちろん、ボールを運んだり、トラブルを回避したり、パスアングルを変えるというときにも必要になってきます。当然、ドライブにも使います。

 最も注意したいのは、ボールをキャッチしてすぐにボールを足元に落とすようなドリブルは攻撃性が弱まってしまうからです。ドリブルの有効的な使い方は、このようなモーションオフェンスで学ぶことも可能だと思っています」

 

――極論ですが、オフェンスというものは、プレーヤーが動きたいタイミングで動きたい場所へ勝手に動くものではないということですか?

「そこが“規則性を持った部分”ということになります。プレーヤー同士の距離が適切であって2ギャップのです。チームメイトを助けるためにボールへ近付くことは出てきますが、モーションオフェンスの動きで考えたときにルールが必要になってくるのです。

 ボールスクリーンやハンドオフなどは、ショットクロックが少なくなってきたときに取っておきたいものです。シュートは確率を考えなければいつでも可能です。しかし先を急いで、安易にボールに近付いたプレーをしない方がプレーの選択肢が広がることとなり、チームとしてのシュート確率を上げることにもつながっていきます。

 チームプレーとしてオフェンスを組み立てていく重要性というものが、このようなことで描いていけることも“フレックス”の魅力だと感じています」

※終わり

 

『藤田 将弘が“オフェンスの考え方”と“オフェンスの組み立て方”などを伝授!』

 

指導現場の生の声を配信!

 

 さまざまなカテゴリーのコーチたちが練習やチーム作りのポイントなどを解説。オンラインならではのメリットを生かしたコーチセミナー。直接、コーチたちに話を聞くことができる絶好のチャンス!!(※時間の都合により、無作為に抽出した質問のみ回答)

 

 第7回は藤田 将弘氏(日体大男子監督)が登場! 2月28日(日)20:00~ZOOMミーティングによるオンラインセミナーを開催する。テーマは「オフェンスの考え方」や「オフェンスの組み立て方」などについて。藤田氏は『オフェンスは『頑張れ!』『走れ!』だけでは難しい。選手間での共通理解が必要」と、オフェンスに簡単なルールを用いることを勧めている。

 

 比較的簡単なチームオフェンスなども紹介!

 

『45分/¥1,000』の特別価格でご提供!

 

 今後もプロからミニバスまで、性別問わず幅広いカテゴリーのコーチが登場予定。

 

※お申し込みは下記『月刊バスケットボール アカデミー オンライン コーチセミナー』特設ページへ。

https://select-type.com/s/gekkan-bb_ols

 

《受付を終了いたしました》

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください