技術&戦術

技術&戦術

2021/01/25

池内 泰明氏(拓殖大男子監督)が語る 「シュートが入る選手とシュートが入らない選手の違い」とは何か?③

【スペシャルインタビュー③】

 

 シュートが入る選手とシュートが入らない選手には、どのような違いがあるのか…効率良くシュート練習するにはどのようにしたらいいのか…自身も現役時代に日本代表のシューターとして活躍し、多くのスコアラーを育ててきた池内氏に、シュートフォームやチェックポイントや簡単な練習方法などを聞いてみた。

 

良いキャッチが良いシュートを生む

 

【キャッチからシュートまで、ボールを持ち直さないことが確率アップのポイント】

 

※②の続き

――バックボードとリングがあり、コート内の場所(角度)によって見える景色が違います。それによって、選手によって得意、不得意ができてくるような気がしますが。

「結構、あると思います。バックボードが見えた方が距離感をつかみやすいという選手もいます。だから、コーナーからのシュートは意識してしまうことがありますよね。バックボードのフチに当ててしまうとか…(笑)」

 

――リングだけを見れば、どこから見ても同じですよね?

「恐らく、シュートをするときには、一点を集中して見ているのではないと思います。リングのどこを見るのかという質問をよくされますが、瞬間に見た感じから言うと全体的にボヤっとです。そのような感じでみたとき、距離感が合うのは大きいバックボードではないのでしょうか」

 

――右コーナーでのシュートは右利きの場合、バックボード側にシュートをする手があります。左の場合は反対です。これはシュートに影響すると思いますか?

「確かに、左コーナーで左足がベースラインに近くても右利きであればコートの内側にボールが入ってきますが、右コーナーの場合はバックボードよりも後ろにいってしまいます(笑)。ただ、それもどの場所でどのようにシュートするのかは、日頃の習慣、練習だと思います」

 

――得意な場所(シュートレンジ)をいかに生かしていくには、どのようにしたら良いでしょうか?

「最初は、自分の得意なシュートレンジがどこなのか、そしてそのシュートをするために前段階でどのような動きをすれば良いのか、という順番ですね。次はディフェンスを見ながらになってきます。ただVカットしているだけでは、ボールはレシーブできません。

 ボールをキャッチしたとき、自分のシュートができる体勢と距離になっているかどうかが大切です。当然、頭の中でコートを把握しておく必要があります。距離が近い場合には影響しませんが、思っているよりも遠い場合、シュート確率を下げてしまうのです」

 

――バックボードと言えば、意外とバンクシュートで練習をしないような気がするのですが…。

「バンクシュートは必要です。ボールをコントロールしてバックボードの1点に当てなければなりません。強弱はあっても、当てる場所は角度によって決まってるのです。これだけは一点集中をして狙わなければなりません。でも、距離感を測るのは一瞬だと思います」

 

――あとは、チームメイトから飛んでくるパスがいろいろな場所になることも多いと思います。やはりシュートにはキャッチが重要になってきますか?

「シュートと同じ形でのキャッチができるかどうかです。キャッチしてからシュートまでにボールは持ち直しません。持ち直すことで手首の角度などが変わり、それによってボールも動いてシュートにブレが生じてしまうのです。

 これはパスされたボールのキャッチでも、ドリブルからのキャッチでも同じことが言えます。これはたとえ低いパスでも同様なのです。パスは良い所に必ず来るわけではないので、さまざまな高さでキャッチしてシュートすることも練習するべきだと思います」

※④へ続く

 

***バックナンバー***

池内泰明氏インタビュー①

池内泰明氏インタビュー②

 

『池内 泰明氏が“シュートが入る選手とシュートが入らない選手の違い”や練習方法などを伝授!』

 

指導現場の生の声を配信!

 

 さまざまなカテゴリーのコーチたちが練習やチーム作りのポイントなどを解説。オンラインならではのメリットを生かしたコーチセミナー。直接、コーチたちに話を聞くことができる絶好のチャンス!!(※時間の都合により、無作為に抽出した質問のみ回答)

 

 第6回は池内 泰明氏(拓殖大男子監督)が再登場! 1月31日(日)20:00~ZOOMミーティングによるオンラインセミナーを開催する。テーマは「シュートの確認・調整」や「練習方法」について。池内氏は『シュートもプレーと同じで、練習前にしっかりとしたウォーミングアップが必要」と、体育館に来ていきなり遠い距離からシュートすることを勧めていない。

 

 動きのある簡単なシュート練習なども紹介!

 

『45分/¥1,000』の特別価格でご提供!

 

 今後もプロからミニバスまで、性別問わず幅広いカテゴリーのコーチが登場予定。

 

※お申し込みは下記『月刊バスケットボール アカデミー オンライン コーチセミナー』特設ページへ。

https://select-type.com/s/gekkan-bb_ols

《受付を終了いたしました》

 

(月刊バスケットボール)


  1. J games より:

    I know this website offers quality based posts and extra stuff, is there any
    other site which provides these things in quality?

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください