技術&戦術

技術&戦術

2021/01/20

池内 泰明氏(拓殖大男子監督)が語る 「シュートが入る選手とシュートが入らない選手の違い」とは何か?①

【スペシャルインタビュー①】

 

 シュートが入る選手とシュートが入らない選手には、どのような違いがあるのか…効率良くシュート練習するにはどのようにしたらいいのか…自身も現役時代に日本代表のシューターとして活躍し、多くのスコアラーを育ててきた池内氏に、シュートフォームやチェックポイントや簡単な練習方法などを聞いてみた。

 

自分のシュートをよく観察してみよう

 

【何本シュート練習しても、“疲れないシュート”が理想】

 

――シュートが入る選手とシュートが入らない選手には、どのような違いがあると思っていますか?

「原因の1つは練習だと思います。シューティングというと、ただたくさん本数を放てば良く、自分のシュートが良いのか悪いのかが分からないまま練習しているケースが多いです。例えば、シュートが右に曲がったとします。では、どのように修正していきますか? シュートが短かったら、どうしますか? という自分のシュートを知りながら、ダメだったときに少しずつ修正していくことです。

 入る選手は、その修正方法を知っているのだと感じます」

 

――シュートがいつも同じ外れ方をするのか、毎回違うのかによっても変わりますね?

「“修正”とは、ほんの僅かなことなのです。体の向きだったり、重心だったり…そうすると、最初の頃はコーチが付いて見てあげることが必要になってきます。自分ではなかなか分からいものなのです」

 

――その“修正”が非常に難しいのですが…。

「シュートが曲がる場合、多くは手先だけを修正しますが、それは決して良いことではありません。自分の体全体がどうなっているのかを知り、そして良い形を覚えるのです。中高生、大学生も同じですが、コーチがよく観察することが大切だと思っています」

 

――良い習慣(微調整後)は、なかなか身に付いていかず、元に戻ってしまうことも多いですよね。

「大学の選手でも、『アーチをもう少し上げよう』とアドバイスしても、翌日には元の低いアーチになってしまうことは、よくあります(笑)。

 リングの直径は約45センチで、ボールは7号で直径約25センチ(6号は約23センチ)ですから、リングの中心から約10センチの誤差は前後左右でOKなのです。この範囲内でシュートを修正できることが重要になってきます。」

 

――ちなみに、入らない選手の良くない習慣というものは、どのようなものでしょうか?

「基本はボールのアーチだと思います。手のひらにボールがしっかりと乗ることが関係してきますね。あとは、何本練習しても“疲れないシュート”かどうか。体全体でボールを飛ばすことができ、腕力や脚力などだけに頼らないシュートができるかがポイントです。

 体幹がしっかりしてくれば、ボールは十分に飛ぶようになります。だからこそ体育館に来て、すぐに遠い距離からシュートするのはダメだと考えています 」

 

※②へ続く

 

『池内 泰明氏が“シュートが入る選手とシュートが入らない選手の違い”や練習方法などを伝授!』

 

指導現場の生の声を配信!

 

 さまざまなカテゴリーのコーチたちが練習やチーム作りのポイントなどを解説。オンラインならではのメリットを生かしたコーチセミナー。直接、コーチたちに話を聞くことができる絶好のチャンス!!(※時間の都合により、無作為に抽出した質問のみ回答)

 

 第6回は池内 泰明氏(拓殖大男子監督)が再登場! 1月31日(日)20:00~ZOOMミーティングによるオンラインセミナーを開催する。テーマは「シュートの確認・調整」や「練習方法」について。池内氏は『シュートもプレーと同じで、練習前にしっかりとしたウォーミングアップが必要」と、体育館に来ていきなり遠い距離からシュートすることを勧めていない。

 

 動きのある簡単なシュート練習なども紹介!

 

『45分/¥1,000』の特別価格でご提供!

 

 今後もプロからミニバスまで、性別問わず幅広いカテゴリーのコーチが登場予定。

 

※お申し込みは下記『月刊バスケットボール アカデミー オンライン コーチセミナー』特設ページへ。

https://select-type.com/s/gekkan-bb_ols

《受付を終了いたしました》

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください