技術&戦術

技術&戦術

2020/11/03

ウインターカップ直前インタビューで井手口孝監督(福岡第一高)が語る“こだわり”の指導論とは?④

『井手口 孝氏がトランジションの“こだわり”などを伝授!』

 

指導現場の生の声を配信!

 

 さまざまなカテゴリーのコーチたちが練習やチーム作りのポイントなどをライブで解説。オンラインならではのメリットを生かしたコーチセミナー。直接、コーチたちに話を聞くことができる絶好のチャンス!!(※時間の都合により、無作為に抽出した質問のみ回答)

 

 第3回は井手口 孝氏(福岡第一高監督)が登場! 11月8日(日)20:00~ZOOMミーティンングによるオンラインセミナーを開催する。テーマは「トランジションの“こだわり”」や「ガード」について。井手口氏は“より速く”を追求するために、譲れない自身の考え方や福岡第一高の練習メニューの一部などを解説していく。

 

「内容を少しだけ公開します!!」

 

 

【スペシャルインタンビュー】

 12月に東京で開催されるウインターカップ。昨年は好ガードの河村勇輝(→東海大)を擁し、チャンピオンとなった福岡第一高(福岡)。3連覇を狙う同校を率いるのは、就任26年目の井手口孝監督である。

 そんな井手口監督の“こだわり”や“ガード”などについて話をうかがい、福岡第一高の強さの秘密をひも解いていきたい。

 

<③から続く>

『“ダメなガード”は、最初から最後までずっとボールを持っている…』

 

――並里選手は入学当時から、ほかの選手たちとひと味違っていましたか?

「彼はずっとポイントガードでしたし、意識がプロ並みでした。良い練習をしないと絶対にダメでした。昨日と同じ練習なんていうのもダメでしたね。与えれば与えるほど、食らい付いてくる選手でした」

 

――ほかにも重冨兄弟(専修大)、河村選手…本当にすばらしいポイントガードばかりです。

「並里や重冨兄弟、河村はミニバスや中学校時代の先生たちの力です。私は彼らにプレーする場所を与えただけだと思っています。共通して言えるのは、チーム内にチームメイトやライバルが存在していたことです。もちろん、4人とも1年からベンチには入っていましたので、ベンチで試合を“見る目”も養われた部分はあると思います」

 

――インタビュー①で話に出た『本当のシュート、本当のドリブル、本当のパス』を彼らは入学当時からすでに持っていましたか?

「重冨兄弟のシュートは高校3年からでした。並里は入学してシュートを禁止してパスだけさせた期間がありました(笑)。普通の高校生相手であれば、30~40得点できてしまったので。パスの面白さを感じてほしかったという思いはありましたね」

 

――ポイントガードにも得点力が必要だと思いますか?

「河村やジュニア(3年/ハーパー・ジャン・ローレンス・ジュニア)には、『まずは自分』、次は『周りにプレーさせる』、そして最後に『もう一度、引き取れ』と、24秒間の使い方をそのように教えています。私の思う“ダメなガード”は、最初から最後までずっとボールを持っていることです。ほかの4人がボールを一度だけ触った程度でシュートは入らないと思います。

 ゆっくりボールを運んできて、サインを出して、ファーストタッチでシュート…シュートの確率が良い訳がありません。ポイントガードがリードしようと思えば思うほど、ボールを持つ時間が長くなってしまう傾向にあります。ほかの選手たちもリングにアタックしたい、シュートしたいと、ボールを欲しがっているのです。

 

――ショットクロック(24秒間)の時間配分をどのようにイメージしていますか?

「24秒間の時間配分は選手に教えていく必要があると思っています。イメージとしては、ファストブレイクやアーリーオフェンスを狙って、次にセットオフェンス、そして残り10秒ぐらいからピック&ロール(ポイントガードとセンター)という感じです。そうすれば、オフェンスの終わり方も良いような気がしています」

<終わり>

 

*井手口氏インタビュー①

*井手口氏インタビュー②

*井手口氏インタビュー③

 

『45分/¥1,000』の特別価格でご提供!

 

 今後もプロからミニバスまで、性別問わず幅広いカテゴリーのコーチが登場予定。

 

【プロフィール】
井手口 孝(いでぐち たかし)
福岡第一高監督/57歳/福岡県出身(西南学院高→日体大)

 大学卒業後、地元・福岡県の中村学園女高に赴任。その後、1994年から福岡第一高男子監督に就任し、チームを創部。98年にはインターハイ初出場を果たし、2004年にチームを日本一へと導いて全国強豪校へと押し上げた。“トランジション”への強いこだわりを持ち、コートの28mを使った速い展開を身上としている。また、OBの並里(琉球)や鵤(宇都宮)、河村(東海大)などの好ガードはトップリーグでも活躍。

 

※お申し込みは下記『月刊バスケットボール アカデミー オンライン コーチセミナー』特設ページへ。

https://select-type.com/s/gekkan-bb_ols

《受付を終了いたしました》

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください