その他の海外

その他の海外

2021/08/12

NCAAファイナルフォートーク - バスケの熱狂から差別のない社会を作りだせ

 アメリカの学生スポーツを支える団体として知られるNCAA(National Collegiate Athletic Association=全米大学体育協会)は、各競技の大会に関する企画運営をはじめ、学生アスリートの健全で積極的な学業・競技参加を奨励する取り組みを行っている。アメリカという世界的大国の最高学府における重要な側面を司る機関であることから、その社会的存在意義は非常に大きい。そのため、大学進学前の若者からさまざまな分野ですでに地位を築いた壮年期の成人まで、国内外の幅広い人々がNCAAのあり方に目を向けている。


 こうした社会的な位置付けを認識したNCAAが、今春開催された男子バスケットボールのファイナルフォーの機会に、より良い方向に社会を前進させることを目的としてあらたな取り組みを行った。


 NCAA Final Four Talks(NCAAファイナルフォートーク)。この取り組みは、昨今アメリカで大きな問題としてクローズアップされた人種や性差などによる差別や偏見などの社会的不正の撲滅をテーマとして、貴重な体験や知識を持つ活動家を招き、講演を通じてその見識を広く共有しようと試みるイベントだ。このイベントに、唯一の北米外からの登壇者として、スポーツを通じた社会変革推進活動で知られる梶川三枝(Sport For Smile/Next Big Pivot創立者・代表理事)が、スポーツビジネスでの女性活動推進をテーマに講演を行った。梶川はオハイオ大学大学院スポーツ経営学科在学中に、デトロイト・ピストンズのフロントに日本人女性として初めて採用された経歴を持つ、スポーツビジネスの知識と経験が豊かなプロフェッショナルだ。今回はまさしくその点をテーマにした講演を担当している(講演はNCAA公式サイトで閲覧可能)。

 

NCAAファイナルフォートークでオンライン公演中の梶川。日本で女性が直面する課題や現状をレポートする内容だった(写真をクリックすると講演映像が見られます: 写真/©NCAA Final Four Talks)

 

人々を一つにするファイナルフォーの存在感に着目

 

 コロナ禍で開催された今年のNCAAトーナメントは、インディアナポリス(インディアナ州)での男子大会も、サンアントニオ(テキサス州)での女子大会も、ファイナルフォーを含めすべてがバブル開催の方式で行われた。その中でファイナルフォートークも、当初想定した形とは違うバーチャルイベントになったが、著名なスピーカーの登壇を実現させたキュレーターのニーリー・バット(Neelay BHATT)、企画運営を担当したNCAAのニコ・ロバーツ(Niko ROBERTS)らの尽力により、影響力の大きなイベントとして成功を収めた。その結果、来年以降もさらに内容・手法を発展させて継続されることが決まっているという。

 

 ロバーツは、自身も“バスケットボール一家”と呼べる家庭環境で育ち、実はカンザス大学でウォークオンとしてプレーした実績を持つアスリート。そしてアフリカ系アメリカ人でもある。そのような背景からこのイベントに対する思い入れが強いだけでなく、ファイナルフォーの社会的な存在意義もよく知っている。「さまざまな問題で世間の人々が重苦しい雰囲気の中で生きなければいけない時間が長くなりました。その中でファイナルフォーは、誰もが何とかして開催してほしいと思える、人々の心を一つにする効果のあるイベントだったのです」とロバーツは語る。「その機会を、社会を前向きな形で変えていくきっかけにできたら素晴らしいと考えました」


 一方のバットは、インディアナ州のスポーツ観光事業を支える委員会であるインディアナスポーツコープ(Indiana Sports Corp.=以下ISC)に籍を置くコンサルタントだ。前述のとおり今年の男子NCAAトーナメントがインディアナポリス周辺でのバブル開催だったことが縁となり、このイベントにおけるキュレーターの役割を担うことになったという。

  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3日本代表、激闘の軌跡
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内