その他の海外

その他の海外

2022/03/14

NCAAマーチマッドネス、今野紀花所属のルイビル大はウィチタ地区第1シードで出場

 NCAA女子バスケットボールの全米チャンピオンを決する毎年恒例のビッグイベント、NCAAトーナメントの組み合わせが日本時間3月14日に確定した。今大会は全米の32カンファレンスでチャンピオンシップを獲得した32チーム(オートマティック・ビッド)と、それ以外でNCAAの選考委員会から推薦を受けた36チーム(アットラージ)の全68チームが出場し、日本時間3月17日から4月4日まで(北米時間3月16日から4月3日まで)、ノックアウト方式のトーナメントを行う。

 

NCAAが発表したNCAAトーナメントの組み合わせ表(©/NCAA)

 

 

 今大会は、毎年大逆転劇や下位シードチームの思わぬ快進撃などでエキサイティングな瞬間を生み出すことから、“マーチマッドネス(3月の狂気)”という別名でも知られる、アメリカスポーツ界を代表するイベント。聖和学園高校卒業後に渡米した今野紀花が3年生として在籍しているルイビル大も、アットラージ枠でウィチタ地区の第1シードとして出場する。ルイビル大の今シーズンの成績は25勝4敗で、日本時間3月8日(北米時間)付け全米トップ25ランキングは5位。今大会では優勝候補の一つに数えられている。昨年の大会では“エリートエイト”と呼ばれる全米の8強入りを果たしたが、準々決勝で最終的にチャンピオンとなったスタンフォード大に63-78で敗れており、今年は悲願の初優勝を目指す。

 

 その中で今野は控えのシューティングガードとして17試合に出場し、平均3.1得点、1.3リバウンド、1.2アシストのアベレージを残している。NCAAトーナメントは昨年に続く2度目の出場。大舞台でどんな機会を得られるか、そこでどのような形で力を発揮するかは日本のバスケットボールファンと関係者が注目するところだ。

 

 ルイビル大以外の優勝候補は、ごく順当な見方をすれば全米ランキング1位のサウスキャロライナ大、同2位で昨年の覇者であるスタンフォード大、そしてルイビル大が所属する強豪ぞろいのカンファレンス、アトランティックコースト・カンファレンス(ACC)でチャンピオンシップを獲得した全米ランキング3位のノースキャロライナ州大あたりになるだろう。ルイビル大と同じウィチタ地区で第2シードに入っている全米4位のベイラー大も、非常に危険なチームになりそうだ。

 

 とはいえ、実力差がほとんどないチーム同士が一発勝負で戦う今大会は、何が起こってもおかしくない。接戦を予想した試合が思わぬ大差になったり、「あそこは負けない」と思ったチームが初戦敗退というようなこともこれまで何度も起きている。まさにマーチマッドネス。情報を追いかけて楽しむしかない。

 

☆関連動画(すべて英語)

昨年大会「スウィート16」ルイビル大vs.オレゴン大ハイライト(今野紀花得点シーンあり)

昨年大会「エリートエイト」ルイビル大対スタンフォード大(今野紀花得点シーンあり)

 

NCAA公式サイトの関連記事(すべて英語)

 

 

文/柴田 健(月バス.com)

(月刊バスケットボール)

  • ZOON OF HOOPS
  • 月バスカップ2022-U15
  • スポーツするならかみす
  • ザムスト×中部大第一タイアップ
  • 全国ミニバス選手権
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • Jr.ウインターカップ2021-22
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 自費出版のご案内
  • 全中2021
  • インターハイ2021