NBA

NBA

2021/01/19

D. リラード、K. デュラントが2020-21NBAシーズン第4週の週間最優秀プレーヤーに

 アメリカ現地1月18日、NBA第4週目の週間最優秀プレーヤーが発表され、ウエスタンカンファレンスではディミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)が、イースタンカンファレンスではケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)がそれぞれ選出された。第4週の選出は1月11日から17日までの試合におけるパフォーマンスに基づいており、リラードとデュラントはそれぞれ以下のとおり秀でた活躍を残している。

 

ディミアン・リラード: 30.3得点(FG54.5%、3P 51.7%)、5.3リバウンド、7.3アシスト
1月11日 対トロント・ラプターズ戦 〇112-111 23得点(FG8/16、3P 3/6)、7リバウンド、5アシスト、1ブロック
1月13日 対ニューヨーク・ニックス戦 〇132-126 40得点(FG11/23、3P 6/15)、13アシスト、1リバウンド、3スティール
1月14日 対インディアナ・ペイサーズ戦 ×87-111 22得点(FG7/16、3P 2/5)、6リバウンド、4アシスト、1スティール
1月16日 対アトランタ・ホークス戦 〇112-106 36得点(FG10/23、3P 4/12)、7アシスト、7リバウンド、1スティール
※ブレイザーズはこの間3勝1敗

 

ケビン・デュラント: 34.0得点(FG 61.3%、3P 60%)、5.3リバウンド、8.0アシスト
1月12日 対デンバー・ナゲッツ戦 〇122-116 34得点 (FG12/18、3P 4/7)、13アシスト、9リバウンド
1月13日 対ニューヨーク・ニックス戦 〇116-109 26得点(FG 10/18、3P 3/5)、6アシスト、3リバウンド、2ブロック
1月16日 対オーランド・マジック戦 〇122-115 42得点 (FG 16/26、3P 5/8)、5アシスト、4リバウンド、2 スティール、2ブロック
※ネッツはこの間3勝0敗

 

文/柴田 健(月バス.com)
(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください