NBA

NBA

2020/04/11

NBAがシューティングバトル“H-O-R-S-E”対決を開催!

 4月10日、NBA、NBPA(選手労働組合)、ESPNが共同で、選手たちによるH-O-R-S-E対決「NBA HORSE チャレンジ」の開催を正式に発表した。

 

 H-O-R-S-E対決とは2人の選手が、お互いにシュート方法とポジションを自由に決めて打ち合い、その成功数を競ういわゆる“モノマネシューティングバトル”だ。その方法はもちろんレイアップやゴール下のイージーショットでもいいし、ハーフコートショットなどの難易度の高い技でもOKだ。

※ルールは以下を参照

 

❶…シュートを打つ順番を決める

❷…1番手の選手が好きな場所、好きな方法でシュートを打つ

❸…1番手の選手が打ったシュートが入った場合、そのシュートが“お題”となり、2番手の選手は1番手の選手と全く同じ方法でシュートを狙う。これが入った場合、今度は2番手の選手が好きな場所、好きな方法でシュートを打つ。

❹…その中でミスをすると一つずつ「H」「O」「R」「S」「E」の文字が与えられ、この5つの文字がそろってしまった選手は敗北となり、最後の一人となった選手が勝利となる。

 

 この企画にはNBAとWNBAから選出された現役・OB選手合計8人が参戦し、4月13日(月)より『ESPN』で放送される。4人ずつに分かれた2グループで予選ラウンドが行われ、各グループの勝者2人が準決勝へ進出。最後に残った2人で決勝戦が行われる予定となっている。

 

 「NBA HORSE チャレンジ」のスポンサーであるステート・ファームは、参加者に代わり20万ドル(約2,200万円)以上を新型コロナウイルスの対策支援に寄付する予定だ。

 

   各グループの組み合わせ、参加選手は以下の通り。

 

 グループ1

 チャウンシー・ビラップス(元ピストンズほか)

 タミカ・キャッチングス(元WNBAインディアナ・フィーバー)

 マイク・コンリー(ジャズ)

 トレイ・ヤング(ホークス)

 

 グループ2

 ザック・ラビーン(ブルズ)

 クリス・ポール(サンダー)

 ポール・ピアース(元セルティックスほか)

 アリー・クイグリー(WNBAシカゴ・スカイ)

 

 アメリカではごく一般的な遊びの一つであり、過去にはアメリカ代表の練習中やオールスターウィークエンドのイベントの一環として行われたこともある。世界最高峰の選手たちによる最高峰の“H-O-R-S-E”対決を楽しみにしたい。

 

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください