NBA

NBA

2019/07/02

最注目のカイリー・アービングとケビン・デュラントはブルックリン・ネッツへ!! NBAのフリーエージェントがついに解禁 

 日本時間7月1日の午前7時にNBAのフリーエージェント(FA)市場が解禁となった。トレードも含め、アンソニー・デイビスのロサンゼルス・レイカーズ移籍を皮切りに注目FAが多く出回る今オフは大きな注目を集めていた。

 

 中でも最注目はカイリー・アービング、ケビン・デュラント、カワイ・レナードの3選手だ。3選手ともに複数のチームへの移籍のうわさが飛び交っていたが、FA解禁と同時にアービングとデュラントのブルックリン・ネッツ移籍のニュースが舞い込んできた。

 

(アービングはネッツへ、2年前の来日イベントは記憶に新しい)

 

 アービングは4年1億4,000万ドル(約151億円)、デュラントは4年1億6,400万ドル(約177億円)での契約と報じられている。また、ニューヨーク・ニックスに所属していたディアンドレ・ジョーダンも同時に獲得し、3選手によるBIG3を結成。昨シーズン、プレーオフに返り咲いたチームは一気に優勝候補に上り詰めることができる戦力を整えた。

 

 

(万全の状態での復帰が待たれるデュラント)

 

 ただ、昨シーズンのファイナルでアキレス腱断裂の大ケガを負ったデュラントに関しては早くともレギュラーシーズン終盤となる可能性が高く、本格的なタイトル獲得に向けた戦いは2020-21シーズンとなるだろう。

 

 ネッツはそれに伴って昨シーズン、オールスターに選出された司令塔のディアンジェロ・ラッセルをゴールデンステイト・ウォリアーズにトレードしている。

 

 ほか、主な移籍・再契約選手は以下のとおり

(※7月1日現在、1ドル=108円として計算)。

続きを読む


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください