NBA

NBA

2021/02/20

レブロン・ジェームス(レイカーズ)、ケビン・デュラント(ネッツ)らスーパースターが勢ぞろい - NBAオールスター・スターターまとめ

 

 

チーム・レブロン vs. チーム・デュラント


 アメリカ時間3月7日(日=日本時間8日の月曜日)にジョージア州アトランタで開催される第70回NBAオールスター・ゲームのスターターに、レブロン・ジェームス(ロサンジェルス・レイカーズ)、ケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)ら10人が選出された。
 ジェームスとデュラントはそれぞれがウエスト、イーストのカンファレンスにおけるファン、メディアメンバー、NBAプレーヤーによる投票(NBA All-Star Voting 2021 presented by AT&T)第1位のプレーヤー。スター中のスターとして、それぞれがチーム・レブロンとチーム・デュラントのキャプテンとなり、最終的にアメリカ時間2月23日(火=日本時間24日の水曜日)に発表されるベンチプレーヤー(NBA各チームのヘッドコーチ推薦により各カンファレンスから7人ずつ選ばれる)も含め、自身のチームを率いてオールスター・ゲームに臨むことになる。

 両チームのメンバー構成は、ジェームスとデュラントを除くスターター8人とバックアップ14人のプレーヤープール22人から、アメリカ時間3月4日(木=日本時間5日の金曜日)にドラフト(2021 NBA All-Star Draft)を行い決定する。10人のスターターの顔ぶれは以下のとおりだ。

 

☆ウエスタンカンファレンス スターター
ガード: ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)、ルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス)
フロントコート: レブロン・ジェームス(ロサンジェルス・レイカーズ)、ニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)、カワイ・レナード(ロサンジェルス・クリッパーズ)

 

☆イースタンカンファレンス スターター
ガード: ブラッドリー・ビール(ワシントン・ウィザーズ)、カイリー・アービング(ブルックリン・ネッツ)
フロントコート: ヤニス・アデトクンポ(ミルウォーキー・バックス)、ケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)、ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)

 

日本人プレーヤーも多くの得票をゲット

 

 なお、上記10人中アデトクンポ(ギリシャ)、ドンチッチ(スロベニア)、エンビード(カメルーン)、アービング(オーストラリア)、ヨキッチ(セルビア)はアメリカ国外出身のいわゆる“インターナショナル・プレーヤー”。国外出身者がスターター中5人を占めるのは、昨年の4人を上回る過去最高の人数とのことだ。
 また、今回の投票では、八村 塁(ワシントン・ウィザーズ)と渡邊雄太(トロント・ラプターズ)も多くの得票を得た。得票ランキングでは、八村がイースタンカンファレンスのフロントコートにおいて24位のスコアにあたる20.25(プレーヤー投票8票[20位]、ファン投票60,077票[26位]、メディア投票は0票[7位])、渡邊は同56位にあたるスコア45(プレーヤー投票0票[87位]、ファン投票27,833票[43位]、メディア投票0票[7位])という結果になっている。

 

日本人プレーヤーの渡邊と八村も多くの得票を得た


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください