NBA

NBA

2021/03/07

2021NBAオールスター・ゲームが提示する斬新なコミュニティー支援手法


☆AT&Tスラムダンク


・出場する3人のパフォーマーたちは、それぞれがパンデミックによる悪影響と直面している特定のHBCUと紐づけられている。
・それぞれパフォーマーが代表するHBCUは50,000ドルの寄付を得、優勝したパフォーマーのHBCUにはさらに100,000ドルが贈られる。
・AT&Tは上記と別に100,000ドルを用意し、優勝者が代表するHBCGに40,000ドル、それ以外の2人に紐づくHBCUに30,000ドルずつを寄付する。

 

 AT&TはNBAオールスター・ゲームの試合中のすべてのダンク1本につき5,000ドルの寄付を、TMCFを介して行う(この企画には英語の“Five Grand(5,000ドル)”と通信業界用語の“5G”とをかけ、「5G」というタイトルが付けられている)。

 

出場プレーヤー: アンファニー・サイモンズ(ポートランド・トレイルブレイザーズ)、キャシアス・スタンリー(インディアナ・ペイサーズ)、オビ・トッピン(ニューヨーク・ニックス)

 

☆TACO BELL® スキルズチャレンジ

 ドリブル、パス、ショットのテクニックを競う6人のプレーヤーは特定州のHBCUとその学生を代表して競争する。イベント開始時点でそれぞれが35,000ドルを与えられる。優勝者はさらに40,000ドルの支援基金を与えられる。

 

出場プレーヤー: ロバート・コビントン(ポートランド・トレイルブレイザーズ)、ルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス)、クリス・ポール(フェニックス・サンズ)、ジュリアス・ランドル(ニューヨーク・ニックス)、ドマンタス・サボニス(インディアナ・ペイサーズ)、ニコラ・ブチェビッチ(オーランド・マジック)

 

☆MTN DEW® 3ポイントコンテスト

 マネーボール(通常のボールが1点なのに対し2点を得られるカラーボール)でショットが成功するたびに3,500ドルの寄付が行われる。“MTN DEW® Zone”として従来の5つのスポットと別に設定されたディープスリーエリア(従来の3Pラインから6フィート後方で、成功すると3得点)からのショットは1本あたり5,000ドルの寄付につながる。これらの寄付はマウンテンデューからダイレクトリリーフの公正医療基金を介して、パンデミック対応で資金不足に陥っている全米のコミュニティーに対して行われる。マウンテンデューはこれと別に、100,000ドルを用意し、ペプシコと提携しているHBCUから2人の学生に対しMTN DEW® All-Star Scholarshipsというタイトルで奨学金を提供する。

 

出場プレーヤー: マイク・コンリー(ユタ・ジャズ)、ジェイレン・ブラウン(ボストン・セルティックス)ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)、ザック・ラビーン(シカゴ・ブルズ)、ドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ)、ジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス)

※コンリーは故障欠場のデビン・ブッカー(フェニックス・サンズ)に代わる出場

 

文/柴田 健(月バス.com)
(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください