NBA

NBA

2020/01/14

NBA 2019-20シーズンの約半分を終えて、ミルウォーキー・バックスとロサンゼルス・レイカーズがダントツの首位

 NBA 2019-20シーズンの約半分を終え、以下のような順位になっている(日本時間1月14日現在)。イースタンカンファレンスでは

 

1位…ミルウォーキー・バックス
2位…ボストン・セルティックス
3位…マイアミ・ヒート
4位…トロント・ラプターズ
5位…インディアナ・ペイサーズ
6位…フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
7位…オーランド・マジック
8位…ブルックリン・ネッツ

 

 ヤニス・アデトクンボ擁するバックスは2位のセルティックスに6.5ゲーム差を付けているが、2依のセルティックスから6依のシクサーズまでが僅か4ゲーム差以内の混戦となっている。

 

 一方。ウェスタンカンファレンスは

 

1位…ロサンゼルス・レイカーズ
2位…デンバー・ナゲッツ
3位…ユタ・ジャズ
4位…ヒューストン・ロケッツ
5位…ロサンゼルス・クリッパーズ
6位…ダラス・マーベリックス
7位…オクラホマシティ・サンダー
8位…メンフィス・グリズリーズ

 

 レブロン・ジェームズ率いるレイカーズがダントツの1位。だが、ウェストも2位から6位までが接近しているため、いつ順位が入れ替わってもおかしくない状況だ。また、8位のグリズリーズから、9位サンアントニオ・スパーズ。10位ポートランド・トレイルブレイザーズ。11位フェニックス・サンズ、12位ミネソタ・ティンバーウルブズ、13位サクラメント・キングス、14位ニューオーリンズ・ペリカンズまで7チームが3.5ゲーム差以内にひしめき合っている。ウェスタンのプレーオフ出場権争いは、最後まで目が離せない。

 

(月刊バスケットボール)

  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3日本代表、激闘の軌跡
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内