NBA

NBA

2019/10/09

「NBA JAPAN GAMES 2019」がいよいよスタート‼︎ 試合日以前のイベントを紹介‼︎

Gallery・2渋谷店にて「adidas Basketball契約選手トークショー」が開催

 

 バスケットボールファンの集うGallery・2渋谷店にロケッツから以下4選手が集結し、集まった多くのファンの前でトークショーを展開した。

 

ジェームズ・ハーデン

エリック・ゴードン

オースティン・リバース

ジェラルド・グリーン

 

 来日直前にSNSで日本語のツイートをして話題になったゴードンは「来日は3度目だけど、試合をするのは初めて。とてもエキサイティングな都市だね」と東京の印象を口にした。集まったファンからの質問に対しても丁寧に回答した4選手に対し、会場は終始大きな盛り上がりを見せた。

 

(4選手が渋谷店にそろい踏み/左からグリーン、リバース、ハーデン、ゴードン)

 

 

 翌日に控えた試合についてリバースは「今回の試合では現状の選手間の組み合わせだったり、プレーの感触をつかんでいきたい。コミュニケーションがしっかりと取れているかの確認の場でもあります」と気を引き締めた。

 

 最後には集まったファンとともに記念撮影を行い、ファンとのつかの間のひと時を楽しんだ。

 

 

◆10月7日

ヒューストン・ロケッツ、トロント・ラプターズ公開練習

 

 前日に引き続き行われた公開練習では、昨日に引き続き、試合を想定した練習をおこなったロケッツの練習後、ラプターズの練習も公開。序盤ということもあって軽めのシューティングでウォームアップをこなした。新加入のスタンリー・ジョンソンやロンデイ・ホリス・ジェファーソンらもチームに徐々にフィット。

 

(シアカムにはより多くの役割が求められる)

 

 

 新エースとなったパスカル・シアカムは「カワイ・レナードをダニーグリーンが抜けたことに対応していかなければならない。ただ、他の選手により多くの機会があるという見方もできる。僕自身はボールを持つ機会やリーダーシップを求められていると思う」とチームを引っ張る構えだ。

 

 迎えた初戦はシアカムの言う、他の選手に回ってきた機会を選手それぞれがモノにしたラプターズが134-129で逆転勝利。第2戦でも白熱のプレーを見せてくれるはずだ。

 

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 月バスカップ2020-u15
  • macdavid
  • 3x3プロチーム「BEEFMAN.EXE」が選んだ マクダビッドサポーターの必然性
  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • sony-seimei

月刊バスケットボール YouTube