女子日本代表

女子日本代表

2021/07/26

本橋菜子

本橋菜子

本橋菜子
PG/165 cm
東京羽田ヴィッキーズ

 

[東京2020 女子日本代表の横顔]

HCの信頼も厚く、復活を期すアジアMVP

 

 2人の姉の影響でバスケットを始めたという本橋は、明星学園でインターハイ3位の成績を残すが、このときインターハイ準決勝で敗れたのがやはり日本代表に選出された宮澤夕貴をエースとした金沢総合高だった。大学ではバスケットボールを続けるつもりはなかったそうだが、早稲田大でバスケットボールを続けられるという選択肢があったことで、気持ちが変わる。そして大学3年時には主力としてインカレで優勝を果たした。キャプテンとなった4年時には右膝前十字じん帯を断裂し、ほとんどプレーできずにいたが、関東大学女子リーグ戦の終盤に復帰し、優勝を成し遂げている。

 当初はWリーグでのプレーも考えていなかったものの、大学4年時のケガでバスケットボールができなかったことによって、もっとやりたいといった思いが強くなった。そして、東京羽田ヴィッキーズへの入団に至る。こうして振り返ると、華やかなキャリアにも思えるが、同世代の代表であり、高校卒業後すぐにトップリーグ入りした宮澤夕貴(ENEOS→富士通)、長岡萌映子(富士通→トヨタ自動車)らと違い、世代の日本代表には選出されることはなかった。

 ところが、東京羽田でチームの主力として活躍するようになると、日本代表のトム・ホーバスHCの目に留まる。2018年のワールドカップで初の日本代表入り(アンダーカテゴリーも含め)を果たすと、スターティングメンバーにも抜擢されるようになり、翌2019年のFIBAアジアカップでは日本の4連覇に大きく貢献。大会MVPにも選ばれた。特に決勝の中国戦では24得点を稼ぎ、ホーバスHCが「本橋タイム」と呼ぶ、試合の流れを引き寄せる活躍ぶりだった。
 “好事魔多し”とは言ったもので、シンデレラストーリーを演じてきた本橋に、アクシデントが襲う。2020年の東京オリンピックが延期になった後の11月。日本代表の強化合宿中に、再び右膝のじん帯を損傷してしまう。本橋は「『これはオリンピックも無理かな』と目の前が真っ暗になりました。でも諦めたくないし、自分がケガに負けずにオリンピックに挑戦する、その過程や姿を見せることに意味があるかなと前向きに考え直しました」とリハビリに励んだ。そして、ギリギリ間に合っての代表入り。

「今まで支えてくれた人たちに恩返しをしたいし、コロナ禍のこういう状況だからこそ、『バスケで日本を元気に』のスローガンどおり見てくれる人に元気を届けられれば」と思いを口にする。

 6月に行われたポルトガルとの強化試合では「70%くらい」と自分のパフォーマンスを評価していたが、その後の強化合宿を通して「パフォーマンスは上がってきている」とホーバスHCは代表選考の理由を語る。「オリンピックには以前のパフォーマンスを発揮できるはず」と、オリンピックでの「本橋タイム」に大きな期待を寄せている。

(飯田康二/月刊バスケットボール)

  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 大神雄子「気持ちを届ける、想いを託す」
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内