男子日本代表

男子日本代表

2021/06/10

FIBA アジアカップ2021 予選(グループB)日本戦放送・配信情報 - 候補24人の顔ぶれも

 FIBAアジアカップ2021予選に臨む男子日本代表の顔ぶれは、去る5月14日に発表された東京オリンピック代表候補選手20人にファジーカス ニック(川崎ブレイブサンダース)、永吉佑也(京都ハンナリーズ)、テーブス海(宇都宮ブレックス)、西田優大(新潟アルビレックスBB)を加えた24人。平均身長は195.1cm、平均体重93.2Kg、平均年齢は28.5歳となっている。

 

金丸晃輔も昨年2月の対チャイニーズ・タイペイ戦ではロシターに並ぶ17得点を挙げた(写真/©fiba.basketball)

 

B1レギュラーシーズンMVP金丸晃輔も選出


 所属別にはBリーガーが20人を占め、なかでも宇都宮ブレックスから最多の4人が名を連ねた。また、B1レギュラーシーズンで最優秀選手賞を受賞した金丸晃輔(シーホース三河)も含まれている。

 Bリーガーのほかには、海外のプロリーグで活躍する渡邊雄太(NBAトロント・ラプターズ)、馬場雄大(NBLメルボルン・ユナイテッド)、八村 塁(NBAワシントン・ウィザーズ)の3人と、NCAAディビジョンIカリフォルニア大学デービス校で、大学院1年生に所属しながらプレーする渡邉飛勇の名前もある。
 なお、アシスタントコーチを務める佐古賢一氏は、7月に開催予定のFIBA U19ワールドカップ2021にヘッドコーチとして参加するため、FIBAアジアカップ2021予選と東京2020オリンピックに関わる活動には不参加とのこと。これは海外遠征参加に伴う隔離措置の影響で、A代表とU19代表のどちらかへの参加を選択しなければならない事情によるものだ。
 FIBAアジアカップ2021予選で、日本は16日(水)の対中国戦を皮切りに全3試合を行う予定。各試合に臨む最終メンバー12名は今回発表された予備登録メンバー24人から選出され、各試合前日までに開催されるFIBAテクニカルミーティングでの承認を経て決定される。

 

FIBAアジアカップ2021予選男子日本代表候補(予備登録メンバー)

 

■チームスタッフ
※プロフィール内容は役職、氏名(所属)の順
ヘッドコーチ ラマス フリオ(JBA)
アシスタントコーチ マンドーレ エルマン(JBA)
サポートコーチ兼通訳 前田顕蔵(秋田ノーザンハピネッツ)
S&Cコーチ 阿部勝彦(JBA)
アスレチックトレーナー 一柳武男(JBA)
サポートアスレチックトレーナー 古澤美香(株式会社リニアート)
チームドクター 水谷有里(東京大学スポーツ先端科学連携研究機構チーム)
マネージャー 西村拓也(JBA)

 

■男子日本代表候補24人
※プロフィール内容は氏名、ポジション、身長(cm)/体重(kg)、生年月日(年齢)、所属(出身校、出身地)の順
竹内公輔 PF 207/100 1985/01/29(36) 宇都宮ブレックス(慶應義塾大学、大阪府)
竹内譲次 PF 207/98 1985/01/29(36) アルバルク東京(東海大学、大阪府)
ファジーカス ニック C 211/111 1985/06/17(35) 川崎ブレイブサンダース(ネバダ大学、アメリカ)
エドワーズ ギャビン PF 206/110 1988/01/15(33) 千葉ジェッツ(コネチカット大学、アメリカ)
篠山竜青 PG 178/78 1988/07/20(32) 川崎ブレイブサンダース(日本大学、神奈川県)
金丸晃輔 SG 192 /88 1989/03/08(32) シーホース三河(明治大学、福岡県)
辻 直人 SG 185 /82 1989/09/08(31) 川崎ブレイブサンダース(青山学院大学、大阪府)
ロシター ライアン PF 206/107 1989/09/14(31) 宇都宮ブレックス(シエナ大学、アメリカ)
比江島 慎 SG 191/88 1990/08/11(30) 宇都宮ブレックス(青山学位大学、福岡県)
チェンバース アキ SF 190/85 1990/09/19(30) 横浜ビー・コルセアーズ(カリフォルニア大学マーセド校、東京都)
永吉佑也 PF 198/115 1991/07/14(29) 京都ハンナリーズ(青山学院大学、鹿児島県)
田中大貴 SG 192/93 1991/09/03(29) アルバルク東京(東海大学、長崎県)
張本天傑 SF 198/102 1992/01/08(29) 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(青山学院大学、愛知県)
安藤誓哉 PG 181/80 1992/07/15(28) アルバルク東京(明治大学、東京都)
富樫勇樹 PG 167/65 1993/07/30(27) 千葉ジェッツ(モントロス・クリスチャン高校、新潟県)
ベンドラメ礼生 PG 186/80 1993/11/14(27) サンロッカーズ渋谷(東海大学、福岡県)
安藤周人 SG 190/89 1994/06/13(26) 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(青山学院大学、三重県)
渡邊雄太 SF 206/93 1994/10/13(26) トロント・ラプターズ(ジョージ・ワシントン大学、香川県)
馬場雄大 SF 198/90 1995/11/07(25) メルボルン・ユナイテッド(筑波大学、富山県)
シェーファー アヴィ幸樹 C 206/107 1998/01/28(23) シーホース三河(ジョージア工科大学、大阪府)
八村 塁 SF 203/102 1998/02/08(23) ワシントン・ウィザーズ(ゴンザガ大学、富山県)
テーブス海 PG 188/83 1998/12/23(22) 宇都宮ブレックス(ノースカロライナ大学ウィルミントン校、兵庫県)
渡邉飛勇 PF 207/106 1998/12/23(22) カルフォルニア大学デービス校大学院1年(ポートランド大学、アメリカ)
西田優大 SG 189/85 1999/03/13(22) 新潟アルビレックスBB(東海大学、徳島県)

※年齢表記は2021年6月9日時点


文/柴田 健(月バス,com)
(月刊バスケットボール)

  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 大神雄子「気持ちを届ける、想いを託す」
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内