【日程】2022(令和4)年3月28日(月)~31日(木)
女子:3月28日(月)〜29日(火)
男子:3月30日(⽔)〜31日(木)

【会場】国立代々木競技場第一体育館(A,B,C,Dコート)、第二体育館(E,Fコート)

リアルタイム試合速報はコチラ

第53回全国ミニバス新着ニュース

2022年03月28日

【全国ミニバス2022】部員数わずか8名の石沢(秋田)が勝利、堅守で岩倉Shining Stars(鳥取)にシュートを決めさせず

 

ハードなディフェンスからチャンスを作った石沢が勝利

 

 3月28日、「第53回全国ミニバスケットボール大会」女子1日目、わずか8名という部員数ながら、見事初出場となった石沢(秋田)岩倉Shining Stars(鳥取)が対戦。石沢が堅いディフェンスから着実に得点し、47-32で大会初戦を勝利した。

 

【写真12点】石沢(秋田)vs.岩倉Shining Stars(鳥取)フォトギャラリーはこちら

 

 試合開始直後、まず先取点を取ったのは石沢#4佐藤希亜。ドリブルでインサイドに切れ込むと、レイアップを決定。さらに#4佐藤からアシストパスが通って#6佐々木美絢がシュートを決める。対する岩倉Shining Stars(以下岩倉)は、#4阿部まりんがフリースローでチーム初得点を奪う。

 

 早めに追いつきたい岩倉だが、石沢のハードなディフェンスもあって、なかなかいい形を作れない。そんな中、残り4分を切ったところで#4阿部がドライブから得点。4-6と迫るが、石沢は#4佐藤が起点となり、#6佐々木がフィールドゴール、#8小松青葉がフリースローで追加点。9-4と再び突き放す。

 

 クォーター終盤、岩倉は#5田村笑花の活躍もあって8-11と3点差として1Qを終える。

 

 2Q開始直後、石沢は#7大場真季がリバウンドから速攻。パスを受けた#11三浦優夏が決めて点差を広げる。対する岩倉は、オフェンス・リバウンドを頑張ってセカンドチャンスにつなげるが、シュートがリムに嫌われてしまう。その分、なんとかディフェンスで頑張ろうとするが、ここで石沢はエースの#5手嶋円花が連続得点。残り2分を切ったところで23-12とリードを2ケタ差に広げる。

 

 クォーター終盤、岩倉は#7盛岡怜那、#6中原瑞沙がシュートをねじ込むが、27-16と石沢リードでハーフタイムを迎える。

 

 

 点差を縮めたい岩倉は、3Q開始直後、#7盛岡、#4阿部がいい形で得点を奪うが、石沢はリードを縮めさせない。逆に苦しいシュートを決めていき、残り2分39秒で、37-22と15点までリードを広げる。その後、互いになかなかシュートが決まらず。石沢の39-26で最終4Qへ。

 

 その4Qは、開始から互いに固いディフェンスを展開し、シュートを決めさせない。そんな中、石沢はパスを回してドライブという攻めを展開し、残り4分強で、#4佐藤がフリースローを2本決める。これ以上離されたくない岩倉は#5田村がオフェンス・リバウンドからシュートをねじ込む。その後、#8田中友萌がシュートを決め、最後まで懸命なディフェンスを見せるが、差を縮めることはできず。47-32で、石沢が大会初戦を勝利した。

 

☆月バス.COMでは大会期間中、連日、試合速報を実施!

出場チーム一覧など、月バス.COM特設ページはこちらをチェック

☆キラリと光る活躍を見せたプレーヤーの紹介など、見逃せない記事も連日アップ!

 

【“第53回全国ミニバス全試合配信”バスケットLIVE】

https://onl.la/edNR1xa

  • ZOON OF HOOPS
  • 月バスカップ2022-U15
  • スポーツするならかみす
  • ザムスト×中部大第一タイアップ
  • 全国ミニバス選手権
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • Jr.ウインターカップ2021-22
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 自費出版のご案内
  • 全中2021
  • インターハイ2021