【日程】2022(令和4)年3月28日(月)~31日(木)
女子:3月28日(月)〜29日(火)
男子:3月30日(⽔)〜31日(木)

【会場】国立代々木競技場第一体育館(A,B,C,Dコート)、第二体育館(E,Fコート)

リアルタイム試合速報はコチラ

第53回全国ミニバス新着ニュース

2022年03月29日

【全国ミニバス2022】チーム名を体現するように一丸となって挑むKIZUNAクラブ(岡山)

 メンバーの学年構成はチームそれぞれ。今回の全国ミニも、6年生が主体となるチームが多くを占めるが、中には6年生がごく少数のチームや、6年生がおらず5年生が主体となるチームもある。

 

【写真25点】KIZUNAクラブ(岡山県)vs.浜浦ウィンドガールズ(新潟県)フォトギャラリーはこちら

 

 そんなチームの一つが、女子岡山県代表のKIZUNAクラブだ。6年生は♯4目瀬汐莉と#5錦織ひよりの2人。彼女たちが下級生たちを支え、この1年間の活動を引っ張ってきた。「6年生が2人しかいないことを言い訳にしない」とチーム内で約束し、全員で諦めずに頑張り、4年ぶり5回目の出場を果たしたが、それには、お互いにライバルとして競い合い、今大会、初出場を果たした男子チームの存在も大きかったようだ。

 

 大谷陽平アシスタントコーチは、「(#4目瀬と#5錦織の)2人は下の子の面倒をよく見てくれて、プレー以外のこともしっかりやってきてくれました。6年生が2人というのは初めてですが、今の5年生も4年生のときから比較的、試合に出ていたので、まだ(チームは)作りやすかったかもしれません」と柔らかな口調で語り、苦労を表に出さない。

 

強い責任感と高い得点力で仲間を引っ張ったKIZUNAクラブ#4目瀬

 

#4目瀬とともに、数少ない6年生の一人として奮闘したKIZUNAクラブ#5錦織

 

 上級生として、どんなふうにチームを引っ張ってきたかを尋ねると、♯4目瀬は「自分が声を出しながら、みんなにも声を出してもらい、練習を盛り上げるようにしていました」と、そして♯5錦織は「6年生は2人だけだから、指示を出すときも、下の学年の子たちにもわかるように意識していました」と答えてくれた。

 

高さで勝る浜浦ウィンドガールズにチーム一丸で果敢に挑んだKIZUNAクラブ(白いユニフォーム)

 

 大会初日、KIZUNAクラブは新潟県代表の浜浦ウィンドガールズに惜しくも敗れた。♯4目瀬は、「最初からディフェンスでもう少しプレッシャーをかけて、声を出しながらできていたらな…と思うけれど、みんなで一生懸命できたので良かったと思います。私は最初から積極的にいけていなかったので、次の試合では最初から積極的にいけるように頑張りたい」、そして♯5錦織は「あまりボールをもらったり、狙ってシュートにいったりできていなかったけれど、みんなで声を掛け合ってできたと思います」と振り返ってくれた。チーム名ともなっている“KIZUNA”を体現するように、チームは一丸となって戦った。

 

 大会2日目の29日、KIZUNAクラブは、念願の1勝を目指して2試合に挑む。

 

取材・文/村山純一(月刊バスケットボール)

写真/JBA

※全国ミニバス大会の報道、全チームの紹介は4月25日発売の月刊バスケットボール6月号で

 

 

☆月バス.COMでは大会期間中、連日、試合速報を実施!

出場チーム一覧など、「月バス.COM特設ページはこちら(https://www.basketball-zine.com/2022minibas)」

☆キラリと光る活躍を見せたプレーヤーの紹介など、見逃せない記事も連日アップ!

 

【“第53回全国ミニバス全試合配信”バスケットLIVE】

https://basketball.mb.softbank.jp/lives/103112?utm_source=partner&utm_medium=basketball-zine&utm_campaign=020

  • ZOON OF HOOPS
  • 月バスカップ2022-U15
  • スポーツするならかみす
  • ザムスト×中部大第一タイアップ
  • 全国ミニバス選手権
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • Jr.ウインターカップ2021-22
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 自費出版のご案内
  • 全中2021
  • インターハイ2021