NBA

NBA

2022/08/07

NBAレイカーズの黄金期を描く『ウイニング・タイム -レイカーズ帝国の誕生-』をU-NEXTにて見放題で独占配信!

 アービン“マジック”ジョンソンやカリーム・アブドゥル-ジャバーら、のちに殿堂入りするスーパースターを擁し、“ショータイム・バスケットボール”でNBAの1980年代を盛り上げたロサンゼルス・レイカーズ。その黄金時代の物語、『ウイニング・タイム -レイカーズ帝国の誕生-』を、USEN-NEXT GROUPの株式会社U-NEXT(本社:東京都品川区、代表取締役社長:堤 天心)が運営する動画配信サービス「U-NEXT」が、8月12日(金)から見放題で独占配信する。NBAが世界的な認知度と人気を獲得する直前の時期にレイカーズのオーナーとなったジェリー・バスが、「スポーツ史上最も成功したチーム」を作っていくドラマが楽しく描かれている。

 

(画像をクリックすると予告編映像が見られます)


 NBAの名物オーナーだったジェリー・バスを演じるのは『リコリス・ピザ』のジョン・C・ライリー。魅力的なプレースタイルでバスケットボール界に革命を起こしたマジック・ジョンソン役には、新人のクインシー・アイザイアが抜擢された。マジックとともにレイカーズのプレーメイカーを務めたノーム・ニクソン役は、実の息子であるデヴォーン・ニクソンが演じている。

 

☆日本語吹替版の豪華吹替声優陣からのコメント


■堀内賢雄(ジェリー・バス役)
 ジェリー・バスを演じるにあたり意識したことは、彼の破天荒であり豪快さの内面にある優しさおよび繊細さです。それは、作品の中で随所に描かれています。親子の絆、選手、コーチスタッフの確執、嫉妬、保身、経営者としての手腕等、そのような難題を持ち前の豪快さと優しさを使い分け切り開いていく。買い取ったバスケチームは弱小から優勝チームへと…。今作品はバスケットファンのみならず、全ての人が楽しめる人間愛溢れる作品になっています。正に人生は山あり谷ありジェットコースター!皆さん楽しんでください。

 


■安元洋貴(アービン・“マジック”・ジョンソン役)
 アービン・“マジック”・ジョンソンという存在はバスケットを大きく前へ進めた選手の1人だと思います。
 そして試合におけるその存在をドラマで表現するのは本当に大変な事だと思います。ですが、このドラマはそれをやってのけています。そして80年代のあの狂乱じみたポジティブな混沌とした雰囲気もあちこちから感じられます。全体を見ていただきたいです。オーナー、コーチ、選手の葛藤、NBAと言う組織、レイカーズというチームの変遷、そして当時根深かった社会的な問題。全部が衝撃的です。

 


■田中敦子(クレア・ロスマン役)
 ロサンゼルス・レイカーズのオーナー、ジェリー・バスの部下でクールな才媛クレア・ロスマンは、独創的な秘策を次々と打ち出しチームを成功に導きます。スポーツ指導の世界に進出する女性がほとんどいなかった時代、クレアが先駆者としてどのように活躍していくのかに注目して楽しんでいただけたら嬉しいです。

 


■森なな子(ジーニー・バス役)
 実際の映像と照らし合わせるとより楽しめるドラマだと思いました。80年代の空気感・倫理観、ファッションや音楽を存分に味わえるのでそこも見所かと。私が日本語版を演じるジーニーは、ロサンゼルス・レイカーズの現オーナーです。幼少期からの彼女の葛藤と変化に注目して頂けると嬉しいです。

 


■谷山紀章(ノーム・ニクソン役)
 かつておとぎ話のように聞かされていたあの頃のNBA、レイカーズの歴史をこの作品が追体験させてくれました。史実に基づいたエンターテインメント。良質な虚と実両論が噛み合ったような絶妙なバランス。僕自身、吹き替えをしながらもファン心理による所謂バイアスみたいな存在との戦いに目を白黒させながらの嬉しいアフレコ日記でした。とても楽しかったです。


☆作品概要
『ウイニング・タイム -レイカーズ帝国の誕生-』<全10話>
配信開始 2022年8月12日(金)0:00
配信形態 見放題
視聴ページ
※配信開始時間より視聴可能

© 2022 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

 

U-NEXT公式サイト

(月刊バスケットボール)

  • インカレ2022JSPORTS速報
  • マグダビッドx福岡第一
  • FL-UX
  • NOBIRUNO
  • かみすバスケットボールフェスタ
  • ザムスト×正智深谷
  • ウィンターカップ2022
  • インカレ2022
  • 全中2022
  • インターハイ2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内