月バスTOPICS

月バスTOPICS

2019/05/02

【短期連載】倉石平US研修2018(UTAH~LA)⑥

 13時半から本日のメインイベントであるジャズのコーチたちと私たちのミーティング。いろいろなことを教えてもらった。彼らは情報交換だと認識しているようで、われわれの考え方を欲しいと言ってきたが、世界最高レベルに何を言えるのかと考えてしまった。ただ、本当にいろいろな角度で、いろいろな場面を想定して考えているのだと感心させられた。

 

練習場でアントニオ・ラング氏と

 

 ディフェンスやオフェンスのセットに関しては、全ての対戦にアジャストし、そのたびにオフェンス、ディフェンスを変えているのもすごい。また、昨シーズンにジャズは300を超えるセットプレーを使っていたというのは、驚きしかない。当然、プレーヤーやコーチが賢くなければNBAでは残っていけないのである。情報収集も毎日行っているようで、コーチはシーズン中、2~5時間程度の睡眠しか取れない過酷な仕事のようだ。(つづく)

 

*バックナンバー

【短期連載】倉石平US研修2018(UTAH~LA)①

【短期連載】倉石平US研修2018(UTAH~LA)②

【短期連載】倉石平US研修2018(UTAH~LA)③

【短期連載】倉石平US研修2018(UTAH~LA)④

【短期連載】倉石平US研修2018(UTAH~LA)⑤

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 月バスカップ2020-u15
  • macdavid
  • 3x3プロチーム「BEEFMAN.EXE」が選んだ マクダビッドサポーターの必然性
  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • sony-seimei

月刊バスケットボール YouTube