Wリーグ

Wリーグ

2021/12/17

[皇后杯準々決勝]デンソーが日立ハイテクを封じ準決勝へ

[皇后杯準々決勝 第3試合]

 12月16日、皇后杯ファイナルラウンド準々決勝2日目が国立代々木競技場第二体育館で開催された。前日の2試合は三菱電機コアラーズ対トヨタ紡織サンシャインラビッツ、ENEOSサンフラワーズ対シャンソン化粧品シャンソンVマジックが対戦し、トヨタ紡織、ENEOSが勝利を挙げ、準決勝進出を決めている。

 16日の第一試合はデンソー アイリス対日立ハイテク クーガーズの一戦。今シーズンのWリーグでの対戦ではデンソーが2勝と分がある。シーズン前半戦を12連勝と取りこぼしなくここまできている。一方、日立ハイテクも昨年の皇后杯でチーム史上初となるベスト4進出を果てしており、2年連続の準決勝進出で地力を見せたいところだ。

 開始早々、ゴールを決めたのは今夏の東京2020オリンピックで銀メダルを獲得した日本代表のキャプテンを務めた高田真希。勢いに乗るデンソーは高田、赤穂さくらが高さを生かしてゴールを積み上げ10-2とリードを奪う。対する日立ハイテクは激しいプレッシャーディフェンスから反撃の糸口を作り、相手のミスを誘い、15-11と4点ビハインドまで盛り返して1Qを終えた。

髙田真希(デンソー)

髙田真希(デンソー)

 2Qに入るとデンソーは篠原華実が3Pシュートを3本決めるなど再びペースを握る。さらに近藤楓、高橋未来らも3Pシュートを沈め、一気に点差を広げる。このクォーターで5/8と高確率で3Pシュートを決めたデンソーが38-22と主導権をしっかりとつかんだ。

 後半に入っても、デンソーはプレッシャーの強いディフェンスを徹底、攻めてはインサイド、アウトサイドとバランスのいいオフェンスで71-43と大差で勝利。準決勝進出を果たした。

 日立ハイテクはこの試合3Pシュートが1/25と大不振。センターの谷村里佳がインサイドで、速攻でと18得点を挙げたが、アウトサイド陣の援護が受けられずに、苦戦を強いられた。「デンソーさんのディフェンスを崩しきれず、オフェンスのリズムが作れませんでした」と内海知秀HC。「あれだけシュートが入らないと。インサイドだけでは勝てません」と敗戦の弁。キャプテンの谷村もハイビックのプレーで相手ディフェンスにアジャストされ、「そこからのキックアウトで狙った3Pシュートが入りませんでした」と語った。

谷村里佳(日立ハイテク)

谷村里佳(日立ハイテク)

 デンソーのマリーナ マルコヴィッチHCは「本当の意味で良いディフェンスが理解できるようになってきた」とチームを評価しつつ、「(今日の勝利は)小さな一歩に過ぎない」と話す。エースの高田は「どのチームが相手でも絶対負けない気持ちで、次も臨みたい」と準決勝、決勝への強い意欲を見せた。

(飯田康二/月刊バスケットボール)

 

 

  • インカレ2022JSPORTS速報
  • マグダビッドx福岡第一
  • FL-UX
  • NOBIRUNO
  • かみすバスケットボールフェスタ
  • ザムスト×正智深谷
  • ウィンターカップ2022
  • インカレ2022
  • 全中2022
  • インターハイ2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内