月バスTOPICS

月バスTOPICS

2020/04/06

【動画あり】2020年に絶対CHECKしたいU15世代注目プレーヤー 川島 悠翔(195㎝/14歳)

 

――1月のJCBGはインフルで欠場、今回は大会自体が中止になりました。全国大会で試合中にやってみたかったことは何ですか?
「試合中にダンクをしたかったです。本当に…これはどうしてもやりたかったことです。これまでも1、2回は試合中にありますが。
 最近の練習でも積極的にダンクを狙っていて、ずいぶん成功していたので、『これなら全国の舞台でも…』と思っていたので、とても残念です」

 

――川島選手のいろいろなダンクの動画を見ましたが、ダンクに対するこだわりはありますか?
「バリエーションは増やしたいと思っていますし、それでチームが盛り上がってくれるようなダンクがしたいと思っています。
〝股抜き〟をやってみたことがありのですが、あれはミニバスのリングでさえ無理でした(笑)」

 

――ダンクができたことによって、自分のプレーで変わったことはありますか?
「自分のプレーに自信が付きました。それに、フィニッシュが自分の中では心強く感じるようになったと思います。リングに向かって強く行けば、ディフェンスにも負けないですし、ファウルをもらうこともできます。プレーそのものがリングに向かって行くようにもなりました。ダンクしてファウルをもらってバスケットカウント…なんて最高ですよね。そういうプレーをやりたいです。
 あとは気持ちも盛り上がってきて、試合がとても楽しくなってきます(笑)」

 

 

★ダイナミックなプレーを見せる川島悠翔のハイライト!

 

 続きは「月刊バスケットボール5月号」で!

http://shop.nbp.ne.jp/shopdetail/000000001559/

 

(月刊バスケットボール)

  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3女子日本代表インタビュー「気持ちを届ける、想いを託す」
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内