月バスTOPICS

月バスTOPICS

2021/08/10

川崎ブレイブサンダースの幼児用バスケゴール寄贈計画第二弾

 川崎ブレイブサンダースは、持続可能な開発目標(SDGs)に取り組むプロジェクト『&ONE(アンドワン)』の一環として、幼児用バスケットゴール寄贈プロジェクト第二弾の募集を開始した。希望さえあれば、川崎市内のすべての保育施設および幼稚園に寄贈する。

 

 川崎はクラブとして、2020年12月から『&ONE』に取り組んでいる。第一弾は2020年12月から2021年1月にかけて、川崎市内で設置を希望する幼稚園を募集し、抽選により4つの幼稚園に寄贈した。

 

 第一弾の募集時に多くの幼稚園や保育園から希望や問い合わせを受けたこと、また、クラブとして今シーズン、より一層『&ONE』プロジェクトの活動に力を入れ、ホームゲーム以外の場面でもSDGsを推進していくことから、第二弾となる今回は川崎市内で希望のあるすべての保育施設・幼稚園を対象に寄贈を実施することにした。今後も川崎市内の保育施設・幼稚園を対象にこの取り組みを続け、毎年50の園に幼児用バスケットゴールの寄贈を進め、2022-23シーズン終了までに約150の園に対する寄贈を予定しているとのことだ。

 

子どもたちの歓声に長谷川技(左)、篠山竜青(中央)も笑顔となった『&ONE』ゴール寄贈式(写真/©KAWASAKI BRAVE THUNDERS)

※写真をクリックすると寄贈イベントの映像が見られます

 

☆幼児用バスケットゴール寄贈プロジェクト第二弾 募集概要

 

対  象: 川崎市内の保育施設・幼稚園、およびこれらに類する施設
寄 贈 品 :
・オリジナルデザインの幼児用バスケットゴールを1園につき1台寄贈
・サイズ 長さ:56cm × 幅:60.5cm × 高さ155cm
・リングの高さ調節6段階(77cm~122cm、9cm間隔で調整可能)

 


募集期間: 2022年6月30日(木)まで
応募方法: 下記応募フォームより申し込み可能
 https://questant.jp/q/andone_goal

 

このほか詳細・注意事項は下記を参照のこと(川崎ブレイブサンダース公式サイト内関連記事ページ)

 https://kawasaki-bravethunders.com/news/detail/id=18150

 

(月刊バスケットボール)

  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 大神雄子「気持ちを届ける、想いを託す」
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内