NBA

NBA

2021/03/02

ジェイソン・テイタム(セルティックス)対ブラッドリー・ビール(ウィザーズ) - 先輩・後輩対決に見る友情とプロフェッショナリズム

オールスターでは同じチームになりたい(テイタム)

何もこの試合で復調しなくても…笑(ビール)

 

 試合後の会見では、近しい関係にある二人がお互いに関しての素直な思いを明かすコメントが聞かれた。勝利を手にしたテイタムは安堵の表情を浮かべながら、ビールとマッチアップした最後の流れを以下のように解説した。「ボールは彼(ビール)に行くだろうから、僕がつきたいと思っていました。それであのとおりうまくヘルプも来てくれてトラップを仕掛けられました。彼はNBAの得点王ですからね。しかも最近はバリバリ活躍していましたし」。

 


 一方のビールはさすがに元気がなく、悔しさをにじませる辛辣な表現も使って最後のシーンを説明していたが、テイタムに関する話題をふられると少し落ち着きを取り戻した様子で話し始めた。以下のような内容だ。
「彼は特別なタレントです。皆さんがご存じのように僕らはお互いに張りあい、応援しあっていますが、オールスターに選ばれるだけのことはありますね。特別なタレントです」。さらにビールは近しいからこその表現で弟分の活躍を祝福していた。「僕らとの試合で活躍というのはムカつきますね、ここ2-3試合は不調続きだったのに…。でも僕とやるときにはいつも力を入れてくるので。その意味では、この活躍でちょっとしたスランプを乗り越えられたことをファンとしてうれしく思います。でも、何も僕らのときでなくてもいいのに」。この流れでのビールは柔和な表情を浮かべていた。

 


 上記の和訳内容に関して二人がそれぞれに発した英語表現の流れは以下のようなものだった。

 

☆ジェイソン・テイタム
“We knew the ball was going to him and I wanted to guard him. And you know we did a great job of helping, you know getting that trap. I mean he’s the leading score of the NBA. He’s been you know on a tear lately so….”

 

☆ブラッドリー・ビール
“He’s a special talent. Everybody knows our relationship, you know everybody knows we compete, you know, we pull for each other so…, he’s an All-Star for a reason. You know he’s a special talent and I’m pissed off he actually had to get going against us tonight. He’s struggling a few times coming into the game tonight but you know he always picks up his energy when he plays me so in that regard, I was happy for him you know from just a fan aspect of him being able to get himself going and get out of his little slump or whatever. But I did hate it was against us.”

 

 テイタムはビールとともにスターターに選ばれているオールスターについて、できれば同じチームになりたいという思いも言葉にしていた。ビールは会見の冒頭で必ず神に対する賛美を表すのだが、非常に悔しい敗北を喫したこの日もそれは変わらない。二人の姿勢から、最高峰の舞台における友情とプロフェッショナリズムが伝わり、オールスターと次のマッチアップが楽しみになる会見だった。

 

文/柴田 健(月バス.com)
(月刊バスケットボール)

  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 第8回3x3 U18日本選手権プレビュー 3x3日本一を目指す高校生 久喜高&SIMONの取り組み
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 自費出版のご案内