3×3日本代表

3×3日本代表

2020/02/04

【日本郵政 PRESENTS】Go to Tokyo 2020/3x3女子日本代表、世界予選に挑む!

 

 東京オリンピックで初めて採用種目となった3x3。男子は開催国枠での出場権を持っているが、女子は3月18日~22日までインドで開催される『2020年FIBAオリンピック選考会(OQT)』で出場権獲得を目指す。

 

 前回(https://www.basketball-zine.com/jp-1)に引き続き、女子日本代表の公開練習でのインタビューをお届けしよう。今回はディレクターコーチのロイブル・トーステン氏とポイントランキング上位の篠崎澪選手(富士通レッドウェーブ)の生の声を――。

 

 

★2020年FIBAオリンピック予選会(OQT)

2020.3.18~22@インド/参加20チーム

【試合方式】各5チームずつの4つのプールに分かれて予選ラウンドを行い、各プールの上位2チームが決勝トーナメントに進出、さらにその上位3チームが東京オリンピックの出場権獲得となる。なお、日本は、イラン、ウクライナ、オーストラリア、トルクメニスタンと同じプールB。

 

 

ロイブル・トーステン

(ディレクターコーチ)

 

OQTまでに世界に一番通用するラインナップを作る

 

――2020年最初の合宿ですが、どのようなテーマで臨んでいますか?

ロイブル 3月にインドで行われるオリンピック予選(OQT)へ向けての準備となります。予選までそれほど日数はありませんし、(前回の合宿から時間が空いたので)まずは今回のキャンプで3x3のリズムを取り戻すのと同時にメンタル的なものをリフレッシュして、次のキャンプに向かっていきたいと思っています。この合宿が終わったら、残り2回のキャンプを行ってOQTに臨まなければなりません。その短い期間の中でできるだけ3x3のリズムを取り戻して、戦えるチームにしていきたいと思っています。

 

――OQTのメンバー編成は?

ロイブル OQTには4人で出なければなりません。現在9人のクオリティの高い候補選手がいるので、どのラインナップが一番世界に通用するのかを判断するのがコーチ陣としての大事な仕事になります。いかにOQTまでの短い時間に勝てるチームにしていくかが一番重要な課題で、オリンピックの出場権を取れれば、あとはオリンピックまで数か月の時間がありますから。

 

――OQTでは、どんな戦い方が必要だと思いますか?

ロイブル もちろん詳細を全部言うわけにはいきませんが、U23ワールドカップ(優勝)で成功したように速さを求めること。日本にサイズがないのは分かっていますから、スピードとスキルのレベルを上げて戦っていこうと思います。

 

――選手選考で大事になってくることはどんなことでしょうか?

ロイブル 難しい選考になってくると思います。インサイド陣は西岡(里紗)、(馬瓜)ステファニーがいます。チームとしては徹底したシュート力でいくのか、それとも突破力を優先するのか――。今回の合宿はスクリメージも多くやっていろいろチーム分けを試した中で、どのコンビネーションが一番うまくいくのかを見て検討していきたいですね。

 

――オリンピック本番はどんなチームへと導きたいと思っていますか?

ロイブル それは予選を通ってから考えたいと思います。今回の合宿のチームミーティングの最初に『オリンピック予選を通らなかったらオリンピックはない。だから一つずつやらないといけないので、オリンピックのことは考えずに、オリンピック予選をいかに勝つかだけを考えていこう』と、選手たちには言いました。OQTの方がオリンピックよりも相当キツいトーナメントになると思うからです。オリンピックは8チームしか出られませんが、その中には弱いチームも入ってくるでしょう。そういった意味では、OQTのほうがメンタル的につらいトーナメントになるのです。その厳しいトーナメントを勝ち抜くためには、ヨーロッパ勢やオーストラリアなどに体を張って勝負できる選手が重要になってくると思います。実際にU23ワールドカップではロシアというすごく大きくてフィジカルなチームに対して、日本は圧倒的な力を見せつけて勝つことができたのですから、それは大きな自信になっています。その自信と誇りを持って、特に体のぶつかり合いなどでは負けないようにOQTは勝ちにいきたいと思っています。

 

 

――大学生で唯一候補に選出されている永田萌絵選手(東京医療保健大)の魅力を教えてください。

ロイブル 彼女は3x3のU23ワールドカップに行った時には、まったくの経験のない初心者でした。しかし、徐々に3x3のゲームに慣れていき、最後はほかの選手と遜色ない力を発揮してくれました。それは奇跡みたいなものです。彼女は他の選手にはない突破力があり、U23ワールドカップでは、FIBAのウェブサイトでも『彼女はトーナメントで最高のプレーをした』と称されています。そういった意味で彼女の経験と持っているものを生かすために特別に呼びました。もちろん他の選手もメンタル的には相当強い選手が集まって戦う姿勢を見せていますが、彼女は最初から恐れを知らない選手で、絶対に何でもやってやるぞというポジティブな考えも持っているので、メンタル的にも相当良い影響を及ぼしていると思います。

 

――選手選考はどこまで固まっていますか?

ロイブル 実際に、まったく決まっていません。U23ワールドカップで優勝して世界一のチームになったのだから、そのチームでOQTに出場したらという人もいます。しかし、実際に選手たちを戦わせてみて、どのラインナップが一番世界に出て勝てるチームなのかを常に見ながら、できるだけ強いチーム、対戦相手にとって頭痛の種になるようなチームを作っていきたいと思います。

 

――オリンピックにはOQTに選ばれた4人のままで行くのでしょうか?

ロイブル オリンピック予選に出てもし勝ち取れたら、その選手に対してのボーナスにはなります。しかし、オリンピックまでは日々の競争が必要になってくるので、そういった意味では(出場権を)勝ち取った選手には少しのボーナスはありますが、その4選手が絶対というわけではありません。またそこから戦いが始まります。

 

――残り2回の合宿で4人までに絞るのでしょうか?

ロイブル まず6人を選んで、大会の登録までに4人に絞ります。

 

――ところで、今回練習していた体育館内が非常に暑かったのには理由がありますか?

ロイブル 暑い中での試合に慣れるためです。最終的には32度ぐらいまで上げてインドと同じような環境にしたいと思っています。

 

 

篠崎 澪

(富士通 レッドウェーブ)

 

スピーディーな流れを作って貢献したい!

 

――富士通の場合、皇后杯のファイナルラウンド(1.10~12)には出場していませんでしたが、今回の合宿に向けて調整はできましたか?

篠崎 今は5人制のシーズン中なので、3x3に専念することはできませんでした。しかし、5人制でもしっかり動いていれば3x3につながることもあるので、とにかくチーム練習でも自分の目標を持ってやっていくようにしていました。

 

――久しぶりに3x3をやってみてどうでしたか?

篠崎 展開の速さを忘れかけていたので、今日(合宿初日)やってみてすごくきつかったです。まずそこを思い出さないといけないと思いました。

 

――3x3での篠崎選手らしいプレイは何ですか?

篠崎 切り込んでいくこと、チームにスピード感をもたせるということが私の役割だと思います。これまで出た3x3の大会では、抜き方やシュートのフィニッシュの仕方などは、5人制だけをやっていた時に比べたら海外の選手たちにも対応できていると感じています。

 

――3x3の一番の魅力は何だと思いますか?

篠崎 展開が速いバスケットですし、スペースが広いので個人のテクニックが見られるのが魅力だと思います。

 

 

――3x3の候補に選ばれて思ったことは?

篠崎 代表候補に入れていただいて、日本代表に関われるし、上を目指せるチャンスがあるなら積極的につかむべきだなと思いました。それと同時に、難しそうだなとか、展開が速いのできつそうだなというイメージはありました。しかし、抵抗や悪いイメージはまったくなかったので、逆にスペースが広いから自分のテクニックを磨くことも3x3を通してできるし、それは5人制にも生かせると思いました。

 

――昨年は国際大会に出ましたが、オリンピックへの現実的な手応えはありますか?

篠崎 いろいろな大会を経験し、強いチームと対戦したことで、できたこと、できなかったことがたくさんありました。そういうことも含めて徐々に良くなってきていると感じます。そういう意味では、オリンピックも見据えられてきたかなという手応えはありますね。

 

――ロイブルコーチの考えるバスケットボールに貢献できると思いますか?

篠崎 そうですね、貢献したいです。私のプレースタイル的に、スピーディーな流れを作ることは得意なので、それを出していけたらと考えています。

 

――ビッグマン相手の時はどう対応しますか?

篠崎 オフェンスの時は引っ張り出すことです。そのためにも外のシュート確率を上げていかないといけないです。ディフェンスのミスマッチでは、頭を使ってファウルをするのか、駆け引きですよね、うまく頭を使ってプレイしたいと思います。

 

――OQTでのポイントは何ですか?

篠崎 予選ラウンドではオーストラリアと一緒の組み合わせですが、同じプールにはウクライナもいます。どちらも簡単に勝てる相手ではないのですが、まずはオーストラリアに勝つことです。

 

 

【3x3女子日本代表チーム 第6次強化合宿参加メンバー】

伊集 南(G/168cm/デンソー)

篠崎 澪(G/167cm/富士通)

内野 智香英(G/177cm/富士通)

三好 南穂(G/167cm/トヨタ自動車)

田中 真美子(C/180cm/富士通)

西岡 里紗(C/186cm/三菱電機)

永田 萌絵(F/173cm/東京医療保健大4年)

馬瓜 ステファニー(F/181cm/トヨタ自動車)

山本 麻衣(G/165cm/トヨタ自動車)

※所属は2月3日現在

 

 

“試合会場限定! 落合知也選手・馬瓜ステファニー選手のサイン入りボールが当たる!!”

日本郵政 3x3バスケットボール日本代表応援プロジェクト

POST to the FUTURE

 

※次回は2/22(土)、23(日)の第5回3x3日本選手権大会(大森ベルポート)で開催!

 

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

  • 教えてBリーグプレーヤー!! アルバルク東京の選手が小学生プレーヤーの疑問に答えます!
  • かみす防災アリーナLP
  • コービー・ブライアント追悼特設ページ
  • 第51回全国ミニバス
  • かみす防災アリーナLP
  • 月バスカップ2020-u15
  • 3x3プロチーム「BEEFMAN.EXE」が選んだ マクダビッドサポーターの必然性
  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー

月刊バスケットボール YouTube