中学生&ジュニア

中学生&ジュニア

2020/01/05

【動画あり/U15 JCBG 2020】PICK UP PLAYERS 中川 知定真(Eagle Nest S”tage)

 1月4~6日に、名古屋市北スポーツセンター(愛知)ほかで開催されている「第8回U15ジャパンクラブバスケットボールゲーム大会(旧全国ジュニアバスケットボール選手権大会)」。ここでは、男女各36チーム、計72チームがエントリーした今大会の注目選手・チームを紹介していく。

 

 男子決勝トーナメント1回戦で、Eagle Nest S”tage(ENS)と岐阜ワールドが対戦。ENSが出だしから持ち味を十分に発揮し、3回目の出場で初めて初戦を突破してベスト8入りを決めた。池田コーチは「2勝して予選を突破したのは初めてで、決勝トーナメントで1つ勝って、これからは未知の世界です」というが、1Qから相手を圧倒したのは見事な戦いぶりだった。

 

 その中でもオールラウンドに活躍したのが#14中川だ。ナイジェリア人の父と日本人の母を持つハーフで、189㎝ながらウイングスパンは2mを超える。「コート外でも好かれるキャラクターはスターの素質十分」(池田コーチ)というように、常に明るい。昨日の予選リーグでは試合中にダンクも決め、存在感をアピールした。

 

豪快にドライブを決めるENS#14中川

 

「県予選と比べて全国大会はレベルが高く、結構苦労する場面はありました。中でのプレーにこだわらず、3Pシュートやドライブなども積極的に増やそうと思っていました。あとは、チャンスがあればいつもダンクは狙っています。外のプレーヤーにディフェンスで付いていけるようにしたいのと、ジャンプシュートの確率をあげたいです」と、中川は目を輝かせる。

 

 まだまだポテンシャルの半分も出せていないが、ファンダメンタルをしっかりと練習し、トレーニングを積んでいけば、将来非凡な才能を発揮しそうなプレーヤーだ。

 

 

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください