中学生&ジュニア

中学生&ジュニア

2020/01/05

【U15 JCBG 2020】PICK UP PLAYERS 溝上 恵大(センターサークル)

 1月4~6日に、名古屋市北スポーツセンター(愛知)ほかで開催されている「第8回U15ジャパンクラブバスケットボールゲーム大会(旧全国ジュニアバスケットボール選手権大会)」。ここでは、男女各36チーム、計72チームがエントリーした今大会の注目選手・チームを紹介していく。

 

 男子決勝トーナメント2回戦では、初出場ながらCONFIANZA東京を84-78の僅差で破り、ベスト4進出を果たしたセンターサークル。コート上のプレーヤーが最後まで確率の高いシュートを決めることができたのは、「クラブチームでは珍しく“完全シューティングの日”を日曜の夕方に3時間設けています」(岸コーチ)という練習の成果が全国大会で発揮されたことにある。

 

 前半の苦しい場面や4QでCONFIANZAが猛追する状況下で、#6溝上が3Pシュートを決め切ったこともチームを4強へと押し上げた要因の1つ。

 

 この試合、3Pシュート6本を含む26得点を挙げた溝上は「この大会で決めると思ってやってきた結果だと思います。4Qではシュートを放った瞬間に『入る!』と手応えのあったシュートでしたが、この試合だけでなく、次もその次もそういうシュートにしたいです。相手はシュート確率が良く、僕たちにはないフィジカルコンタクトの強さもあり、とても強いチームでした。明日も負けないようにシュートやディフェンスなどをしっかりとプレーしたいです」と、試合を振り返り、明日の意気込みを語った。

 

前後半各3本の3Pを決めた#6溝上

 

 明日の準決勝は近畿大会決勝と同カードのLakeForce BASKETBALL CLUB戦。果たして、リベンジなるか?!

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください