中学生&ジュニア

中学生&ジュニア

2020/01/05

【U15 JCBG 2020】PICK UP PLAYERS 米倉 歌音(KAGO CLUB)

 1月4~6日に、名古屋市北スポーツセンター(愛知)ほかで開催されている「第8回U15ジャパンクラブバスケットボールゲーム大会(旧全国ジュニアバスケットボール選手権大会)」。ここでは、男女各36チーム、計72チームがエントリーした今大会の注目選手・チームを紹介していく。

 

 大会2日目が終了し、男女共にベスト4が出そろった。女子のベスト4の一角、KAGO CLUBの司令塔が#2米倉歌音だ。154cmと小柄ながら、KAGOの選手ならではの優れたハンドリングスキルに加え、突破力や得点力も高い。

 

米倉はチームを初のベスト4に導いた

 

 ここ一番のゲームメイクはクラブの先輩にあたる祢冝菜々葉(大阪桐蔭高3年)を彷彿させる。いささか言い過ぎではあるかもしれないが、米倉にも祢冝のレベルまで達することのできる可能性は十分にある。「この大会ために大阪予選などのこれまで期間を頑張ってきました。最後の大会なので、ベストの成績を残して、絶対に優勝します」と、力強く意気込む米倉を見て、ある言葉が浮かんだ。

 

「大切なのは体の大きさではなく、ハートの大きさ」。NBAのレジェンド、アレン・アイバーソン(元シクサーズ ほか)が言い放った言葉だ。

 

クラブの女子部としては初のベスト4進出。目標に掲げた優勝を勝ち取るべく、大きなハートを持った小さな司令塔の戦いは続く。

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事