月バスTOPICS

月バスTOPICS

2020/02/16

JBAが若年層からのFIBAレフェリー、トップリーグレフェリーの育成を目的として“U28 YOC(ヤングオフィシャルズキャンプ)”を開催

 JBAでは、若年層からのFIBAレフェリー、トップリーグレフェリーの育成を目的として、1月7、8日の2日間、全国より推薦された28歳以下の審判員を対象に“YOC(ヤングオフィシャルズキャンプ)”を開催した。

 

 参加者は、スカイホール豊田(愛知)で開催された“BリーグU15チャンピオンシップ2020”大会にてレフェリーを担当し、試合のハーフタイムの間のアドバイスや試合後にインストラクターからフィードバックを受けて審判技術の向上を図った。

 

 講義では、講師がインテグリティや3POメカニクス、FIBA /プロフェッショナルレフェリーの取り組みなどを話した。参加者はこの研修日までに4グループに分かれ、実際のトップリーグの試合の映像検証を行い、研修会当日はその検証結果について英語でのグループプレゼンテーションを行った。判定やコミュニケーション、プレゼンテーションなど、研修生はテーマに沿って英語で発表し、ディスカッションするなど、非常に内容の濃いキャンプとなった。

 

※詳しくはJBAホームページへ。
http://www.japanbasketball.jp/referee/53735

 

(月刊バスケットボール)

  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3女子日本代表インタビュー「気持ちを届ける、想いを託す」
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内