Bリーグ

Bリーグ

2019/07/17

伊藤俊亮氏(元千葉フロントスタッフ)が振り返るフロントスタッフとしての1年

フロントに入って一番意識していたことは?

 観客のみなさんが満足してくれて、気持ちよく応援していただける環境を作り上げることです。せっかく来ていただいても他のところに気がいってしまうと、推しの選手に集中できないと思うので。そういう状況が一番悲しいし、それを減らしていきたいです。気持ちよく応援してもらって、「今日来て良かった」と思ってもらえるような雰囲気や会場を作り上げることを意識しています。

 

アリーナ席でのビール販売やアプリを使用してのフードメニューの販売も取り入れていますね。

 そうですね。フードメニューはブースがすごく混雑してしまって、買いたいけどその機会を逃してしまった方が多いと感じていました。そこで席でアプリで注文、支払いまで済ませて出来次第、呼ばれるという仕組みを導入しました。選手を引退した今でも、みなさんに情報を発信していくことはできるので、フロントスタッフとして発信できることをかみ砕いて、アウトプットしていきたいですね。

 

(千葉のホーム戦は常に超満員/Photo @B.LEAGUE)

 

 来シーズン以降、会場で奔走する伊藤氏が見られないのは残念ではあるが、バスケットボールを通じて得た多くのつながりをこれからも生かしてもらいたい。

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください