高校生

高校生

2019/01/05

全国強豪が集う”ニューイヤーカップ2019”は福岡第一が優勝

 高校バスケットボールの強豪チームが参加する“ニューイヤーカップ2019”が1月4、5日に法政大二高にて開催された。年末に行われたウインターカップ優勝の福岡第一をはじめ、桜丘(同3位)、帝京長岡(同4位)、飛龍(ベスト16)などが参戦し、高校バスケ新シーズンを占う交流戦となった。    飛龍との決勝戦を93-60で制したのは福岡第一。ウインターカップで優勝した主力メンバー3人が残り、終始安定したゲームを展開した。福岡第一の井手口孝コーチは「年の初めに幸先のいいスタートが切れました。主力選手3人が残る分、他のチームよりも安定して戦えたのだと思います。とはいえ、やはりエース松崎裕樹の抜けた穴は大きく、チームとしてそこをカバーしていかなければなりません。昨年よりもよい成績を目指したいですから、まずはインターハイ優勝を目標に強化していきます」と語る。    翌日、1月6日からは福岡県の新人戦も始まるという。どのチームも新チームの実力レベルをはかり、課題を見つけ、新たなシーズンのスタートを切る貴重な交流大会となったニューイヤーカップ。全国の頂点を目指す戦いは、すでにスタートしている。   <最終順位> 優勝 福岡第一(福岡) 2位 飛龍(静岡) 3位 桜丘(愛知) 4位 帝京長岡(新潟) 5位 法政大二(神奈川) 6位 福島東稜(福島) 7位 埼玉栄(埼玉) 8位 常磐大(茨城)   ※ニューイヤーカップの模様はJスポーツにて放映されます。 https://www.jsports.co.jp/basketball/highschool/#NYCschedule   (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください