中学生&ジュニア

中学生&ジュニア

2019/01/05

【U15 JCBG】Pick Up Player/長谷川優羽(バディーズ新潟, #6)

 1月4日から始まった“第7回U15ジャパンクラブバスケットボールゲーム(旧全国ジュニアバスケットボール)”も2日目に入り、東海市民体育館とスカイホール豊田(愛知)で決勝トーナメントがスタートした。    女子決勝トーナメントのコートを駆け抜けた長谷川優羽(バディーズ新潟/#6)から光るものを感じた。    173cmの身長を持ちながらバックコートを縦横無尽に駆け回り、インサイドプレーからゲームメイクまで幅広いポジションをこなす。加えて、滑らかなフォームから放つミドルシュートを武器に得点源としても活躍。   「今はガードからフォワードをやっています。背が高くてガードができれば有利だし、大きいだけだと思われたくなかったのでハンドリングやワンハンドシュートを練習しました。それらは監督である父(長谷川泰之監督)に教わりました。今はドライブの力強さや3Pシュート、状況判断力のアップが課題です」。  

正確なミドルシュートが持ち味

   無限(群馬)との1回戦では1Q序盤に2ファウルと苦戦。チームも55–71で敗れてしまったものの、勝負どころでのミドルシュートの精度は素晴らしかった。目標の選手を聞くと「富永啓生選手(桜丘高)です」と、長谷川はにこやかに答えた。    今後も父と二人三脚でさらなる高みを目指す。   (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください