月バスTOPICS

月バスTOPICS

2020/07/21

最新・月バス9月号で「強豪校の今」を特集! ~男子選手編~

 新型コロナウイルスの影響で、インターハイをはじめ地区予選や交歓大会が中止に。それでも徐々に部活動や授業が再開となり、高校バスケット界も少しずつだが前進している。7月22日発売の月刊バスケットボール9月号では、今季注目の男女22校の“今”を紹介。各チームのエースやカギを握る選手たちの思いを紹介している。

 

 ここでは男子の優勝候補と目される東山をけん引する司令塔・米須選手のコメントの一部抜粋と、注目のエースたちを紹介する。

 

 

   米須 玲音

  (3年/175cm/PG)

    1日1日をどれだけ大切にするかを意識して過ごしています

 

「夏の大会がなくなってしまったので、この先の目標はウインターカップになります。今回のようなことが起きて、1日1日をどれだけ大切にするかを意識して過ごすようになりました。そうする中で楽しさも出てくると思うので…。練習の中では体力を徐々に戻していくことや、なかなかできていなかった合わせの練習といった細かな部分に力を入れています。限られた時間をギリギリまで使って練習に取り組んでいますね。自粛期間中は外に出ることもボールを使った練習をすることもほとんどできなかったので、寮の廊下で主に体幹トレーニングを行うことが多かったです。

 インターハイ中止が決定した直後はみんなどこに目標を設定したらいいのかあやふやだったと思います。再開当初は体力も落ちていたし、声も出ていなかったのであまり良い雰囲気ではありませんでしたが、最近は3年生中心に声をかけ合って、楽しく練習できるようになっています」

 

報徳学園のスコアラー丸山賢人はいよいよ最終学年を迎えた

 

2年目のシーズンに挑む明成のエース山﨑一渉

 

王者・福岡第一を引っ張るハーパージャンローレンスジュニア

 

福岡大附大濠は間山柊を中心に優勝を目指す

 

※写真は昨年のウインターカップ

 

詳しくは、月刊バスケットボール9月号へ!

http://shop.nbp.ne.jp/shopdetail/000000001587/

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください